芸能

今年の漢字は「山本耕史」か…宇宙人的バズりの陰に「妻・堀北真希」

 今年の漢字が発表される季節になった。ただ、今年は1文字では足りない。「山本耕史」と書きたいところだ。

 メフィラス構文をバズらせた映画「シン・ウルトラマン」で演じたメフィラス星人のインパクトが強烈で、もはや山本は宇宙人にしか見えない。ウルトラマン斎藤工とは、現在放映中のヒノキヤグループ「Z空調の家」で再会を果たしている。

 同じく視聴者を毎週震え上がらせているNHK大河「鎌倉殿の13人」でも、人類を操る宇宙人ぶりは健在だ。北条義時の盟友でありながら、公暁の実朝暗殺を誘導する三浦義村を怪演している。

「山本がすごいのは、大手プロダクション枠ではないということ」

 と言うのは、ベテランの芸能記者である。続けて、

「0歳から赤ちゃんモデルとして芸能活動。実母が取り仕切る個人事務所で活躍しています。子役時代は舞台中心だった山本の転機は3回あります。93年、フジテレビの月9『ひとつ屋根の下』で演じた四男役と、NHK大河『新撰組!』の土方歳三役への抜擢。そして15年、売れっ子女優だった堀北真希との『交際0日婚』です」

 最近の仕事には、妻・堀北の意向が反映されているという。

「山本は子供の生年月日と性別を公表していませんが、以前に『車や電車が好きな子供がいる』と発言していることから、男の子、特にウルトラマンに興味を持っている年代の子供がいるとみられます。自分の父親がソフビ人形にもなっているメフィラス星人を演じて大画面に登場したのを、2人の子供はとても喜んだことでしょう。現在出演中の『クロサギ』(TBS系)は、06年に堀北が山下智久と共演したドラマのリメイクです。さらに2人の子供が小学校、幼稚園に入学入園する年齢に差し掛かり、お受験を考えてか、NHKへの出演が増えました。入学式、入園式シーズン、礼服に身を包んだ堀北が久しぶりにカメラの前に登場するかもしれませんね」(前出・ベテラン芸能記者)

 衝撃的な最終回が予告されている「鎌倉殿の13人」。そのラストまで陰謀の渦中にいるであろう義村を演じ切った宇宙人は、鎌倉殿の13人が礎を築いた封建制度の終焉、よしながふみ原作の大ヒット漫画「大奥」(NHK総合・1月放映開始予定)で、我々人類をまたガクブルさせてくれる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す