芸能

爆死危機!?石原さとみの「月9」初主演に不穏な空気が漂っている理由

20151002ishihara

「夢がかなってすっごく、すっごく嬉しいです」

 9月20日、フジテレビの月9ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」の制作会見で喜びの声を上げた石原さとみ。デビュー当時から月9の恋愛ドラマに出演することを目標に掲げてきたというだけに、テンションはかなり高まっているようだ。

 ドラマは相原実貴の人気コミックが原作で、突如モテ期が訪れた英会話教師(石原)と高収入イケメン僧侶(山下智久)を中心とした男女の恋愛模様が描かれる。「恋多き女」「共演者キラー」などと称される魔性女優・石原には、まさにハマり役と言えそうだ。

「最近の月9はいまひとつ盛り上がらなかったので久々に起爆剤になりそうな作品なのですが、すでに雲行きが怪しくなっています。原作はベッドシーンなど際どいシーンがかなり多いのですが、ドラマでは艶っぽさよりもラブコメを優先させる演出となるといいます。また、主人公の年齢が変わる以外にも、複数のキャストが変更されるため、原作ファンを納得させられるかどうか‥‥」(ドラマ関係者)

 設定の変更以外にも不穏な空気が流れ始めているという。

「実は、当初このドラマの主演は石原ということで決まっていた。相手役には別の名前が入っていたのですが、事務所のゴリ押しで山下へ交代となったのです。ジャニーズに“単独主演”をかすめ取られた石原サイドが局にクレームをつけたことで収録スタジオはピリピリの厳戒態勢。とてもラブコメの現場ではありません」(前出・ドラマ関係者)

 ドラマ、映画、CMと芸能生活の「モテ期」到来中の石原にとって、視聴率が不発続きの「イケメン」俳優は足かせになりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桑田佳祐の「挑発」に長渕剛が「ケンカをふっかけるなら相手をみろ」の全面戦争/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘話
2
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
3
TBS良原安美が薄生地スカート張り付き事故!浮かび上がった「意外な下腹部のカタチ」
4
松井と高橋由にもうひとり…投高打低のプロ野球界をあざ笑う「90年代の巨人は3割30本を3人」の超重量打線
5
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!