芸能

「私も整形しているので」菜々緒の“ビニール肌”は殺人鬼役にぴったり?

20151025nanao

 ドラマ「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」(フジテレビ系)が10月20日にスタートし、初回視聴率が12.9%と上々の滑り出しを見せた。なかでもその演技と存在感で評価を高めているのが、“美しき殺人鬼”の役を演じる菜々緒だ。芸能ライターが解説する。

「第1話の見どころは何と言っても、菜々緒の演じる橘カラが自ら『私も整形してるので』と告白するシーンですね。ネット上では『ついにカミングアウトきたー!』『この脚本すげー』など、菜々緒本人に“禁断のセリフ”を言わせたことに称賛が集まっています」

 それもそのはず、菜々緒にはかつてから“疑惑”が付きまとっており、そのスベスベした顔は“ビニール肌”との異名を取るほど。お直しを重ねた肌は質感を失ってツルツルになるという意味だが、真偽はともかく、その肌質が殺人鬼役にはピッタリだとして、こちらも評価を高めている。

「もともとクール系の菜々緒ゆえ、正体を隠して表情を変えないという役柄はピッタリ。それに加えて質感に乏しいビニール肌が、殺人鬼という異形の者をリアルに感じさせてくれています。フィットネスクラブで刑事役の木村文乃と対峙するシーンでは、ナチュラル系で人気の木村との対比があまりにも鮮やかで、このシーンを撮るためにあえて木村を起用したのではと思ってしまうほどですね」(前出・芸能ライター)

 そのシーンでは、スカッシュのプレー後も菜々緒は汗ひとつかいておらず、ビニール肌のツルツル感を一層際立たせているようだ。そんな菜々緒の陰でワリを喰っているのが、木村だという。

「準主役として登場シーンの多い木村ですが、素朴なナチュラル風の表情が災いしてか、髪型や服装が変わるたびに別人のように見た目も変わるんです。よほど真剣に見ていないと、スーツ姿の女性刑事と、スカッシュをプレーする女性、そして松坂桃李とベッドで戯れる恋人の3人が、実は同一人物だとは気が付かないかもしれません」(テレビ誌ライター)

 決して木村の変化を楽しむドラマではないはずだが、シーンごとに別人に見えるというのは、芸能人としては褒められたことではない。たとえビニール肌だと批判されようと、その存在感で視聴者の目を釘付けにする菜々緒。現時点では「ビニール肌VSナチュラル系」の勝負は、ビニール肌の圧勝のようだ。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方
5
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由