芸能

高部あいが“全面自供”でついに「芸能界ルート」解明秒読み!

20151126c

 女優、アイドル、歌手とマルチな活躍を見せた元“国民的美少女”の電撃逮捕劇は単なる序章にすぎなかった──。当局による「芸能界麻薬ルート」の解明は本格化し、今後さらなる逮捕者を出すのは必至だというのだ。

 女優・高部あい容疑者(27)=本名・中山あい=が先月15日に都内の自宅マンションでコカインを所持したとして警視庁に逮捕され、今月4日には使用の容疑で再逮捕された。

 警視庁担当記者が語る。

「当局は、今回の逮捕を足がかりに、芸能人はもちろん、業界関係者やタニマチ筋、薬物の供給源に至るまで麻薬ルートを徹底的に洗おうと本腰を入れている。一連の山口組分裂騒動を好機と見て、暴力団に対する攻勢を強めようと考えているんです。その一環として、シノギの一つとされる薬物関係の捜査にも力を入れている。東京五輪開催に向けて治安維持の強化も目的です。有名人の逮捕は見せしめにもなりますから、パトロンの存在もささやかれる高部容疑者の異性関係や交友関係に着目している」

 高部容疑者は警察の検査で妊娠していたことも判明したといい、13日に処分保留で釈放されたが、捜査は継続される。そんな中で、にわかに注目を集めているのが、高部容疑者と親しかった2人の人物だ。

 高部容疑者は、04年に開催された「第10回全日本国民的美少女コンテスト」でグラビア賞を獲得し、16歳でデビューしており、芸能界での交友関係は広い。当局はここ数年、彼女が特に親しかった元アイドル歌手Aに強い関心を示しているという。Aはデビューして間もなく売れっ子となり、その後は女優進出も果たしているが‥‥。

「デビュー当時のAは真面目な優等生キャラクターのイメージが強かったんですが、事務所を移籍してから、様子が変わってきました。一部で、某芸能プロ幹部B氏の愛人になったという噂があったのですが、実際、当時のAはB氏の存在を後ろ盾にしてか、周囲のスタッフに対して女王様のようにふるまっていた。その時期あたりから夜な夜なクラブに出入りして、私生活も派手になっていったんです」(芸能プロマネージャー)

 このB氏こそ、長年業界で麻薬使用が疑われ、当局が尻尾をつかもうと躍起になっている本命だという。B氏はお気に入りのミュージシャンやモデル、タレントを都内の隠れが的なバーに呼んでは連夜の乱痴気騒ぎを繰り広げ、一部では違法薬物を使用したハレンチなパーティを開催しているともささやかれてきた、いわくつきの人物だ。

「B氏はAのほか、紅白の常連だった人気歌手Cや、かつて大麻使用疑惑が噂された女優D、奇行が目撃されたことがある歌手Eなどとも愛欲関係が取りざたされたことがあった。また、高部容疑者が一時期つきあっていたというアーティストのFをかわいがっていたという話があり、業界内でも関心が高まっています」(前出・芸能プロマネージャー)

 さらに、高部容疑者の逮捕で注目を集めているのが、驚くことに某プロ野球関係者だという。

「高部容疑者は、六本木や西麻布などのクラブにもよく出没していましたが、そこで遊び人として鳴らしていたのが某球団の大物OBの息子Gです。このGは学生時代から、父親名義のプラチナカードを片手に豪遊しており、芸能人のタニマチのようなことをしていました。高部容疑者とも親交が深かったほか、プレイボーイで鳴らすイケメン俳優のHや行きつけのクラブが一緒だった歌手I、現役男性アイドルJなどともつきあいがあったそうです」(飲食店関係者)

 このGは、若いのにやたらと羽振りがいいということで、暴力団関係者や半グレ集団などからも重宝されていたようで、当局も関心を示しているという。

 捜査関係者が語る。

「高部容疑者は取り調べに対し、当初はショックのあまり泣きっぱなしだったのですが、落ち着きを取り戻すと、薬物ルートに関して口を開いているというんです。薬物ばかりか枕営業など、芸能界の闇に関してまでしゃべっていると‥‥」

 高部容疑者の逮捕は今後さらに芸能界に大きな波紋を広げそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人