芸能

「クローズアップ現代」改編報道で気になる“NHK美女アナ”トップは誰?「W奈穂子はどちらに軍配?」

20151126r

 NHKの看板番組「クローズアップ現代」が、放送枠とキャスターの変更を検討しているという。それに伴い、新たな主役選びの号砲が高らかに鳴った。アナウンス技術の高さはもちろん、美貌や局内外の人気度を精査。「夜のお立ち台」の座をつかみ取る、「私がイチバン」なのはいったい誰だ!

 11月9日、「スポーツニッポン」のウェブサイトで、NHKの報道番組「クローズアップ現代」(月~木・夜7時30分~)の放送枠変更が報じられた。「クロ現」といえば、93年4月のスタートから放送回数3500回を超える長寿番組。それが来年4月から午後10時に移動する方向で検討されているのだという。番組関係者が裏事情を語る。

「昨年5月放送の『追跡“出家詐欺”~狙われる宗教法人~』でヤラセがあったと週刊誌で告発され、打ち切りの声が出ました。とはいえ、看板番組を潰すわけにはいかず、放送枠を変更して再出発することになりそうです」

 ところがこの改編に難色を示しているのが、番組の「顔」である国谷裕子キャスター(58)だという。

「時間帯が遅くなると同時に、完全生放送になり、緊急ニュースにも対応が必要になる。負担が大きくなるため、降板も視野に入れているようです。今後は1人なのか、曜日による2人体制にするかなどまだ決まっていませんが、女子アナの中から新たな『顔』を選ぶ案が浮上しています」(前出・番組関係者)

 まず候補にあがるのは、報道番組を主戦場とする「W奈穂子」である。

 昨年4月から夕方のニュース番組「首都圏ネットワーク」のキャスターを務める橋本奈穂子アナ(35)をイチオシするのは、芸能評論家の織田祐二氏だ。

「モチモチの色白ぽっちゃり美人タイプ。語尾に『○○だねぇ~』という甘えたしゃべり方が特徴的で、中年オヤジにはたまりません。推定Dカップのバストも魅力で、抱き心地のよさは局内トップでしょう」

 そんな彼女も、入局当時は「地味アナ」として注目度は低かったようだ。NHK職員が明かす。

「服装もダサくて目立たなかったので、同期に『ラジオ向きだね』と言われて落ち込んでいた。ファッション雑誌で勉強して髪型も服装もオシャレになると、周囲にほめられて自信がつきすぎたのか、キャピキャピのアイドル志向になり、夢みる少女みたいな発言をすることも。それで幹部から『はしゃぎすぎだ』と怒られることがあります」

 酒席でも職員たちの評判は上々。制作スタッフが興奮気味に話す。

「酒を飲むと顔がすぐ真っ赤になります。色白なので、よけいに赤いのが目立ってカワイイ。ふだんはメガネをかけていて、『メガネ萌え』するスタッフは多いですね。電車の時刻表マニアの一面もあり、熱く語る姿にまた、萌えてしまうわけです」

 もう1人の「奈穂子」は、今年3月末から「ニュースウオッチ9」のキャスターに抜擢された鈴木奈穂子アナ(33)だ。明るい性格と正統派の美貌で人気を集めるが、プライベートでは酒豪として知られている。

「仕事が終わると、局内で一緒に飲みに行く相手を探しています。お酒が飲めれば安い居酒屋でもいいようで、夏はビール、冬は焼酎のお湯割りやウーロンハイをガバガバ飲む。男性職員やスタッフの楽しみは、酔っ払うとしだいに彼女の股が緩くなり、スカートの奥が見えそうになるんです。ただ最近、空気を読めない飲み仲間が『見えているよ』とご注進。警戒して開きが堅くなってきた」(前出・NHK職員)

 色っぽさでは橋本アナが一歩リードか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
お嬢様アナ奔放下半身(1)TBS田村真子“パックリ大開脚”にパパも仰天?
2
土屋太鳳、ベルトに乗っかりそうな“Gバスト”に騒然「ものスゴい曲線!」
3
お嬢様アナ奔放下半身(2)日テレ岩田絵里奈はよつんばい挑発で猛アピール!
4
新山千春、伊藤かずえの「シーマ」に便乗?13年愛車アピールに揶揄噴出!
5
夏目三久 激怒報道から5年「有吉弘行との結婚」仰天内幕(2)有吉にとって夏目は「どストライク」