芸能

「不発“俺スカ”で好演」高橋ひかるに「ブレイク目前」の声が出始めたワケ

 去る6月22日に最終回を迎えた、個性派俳優・古田新太が主演の連ドラ「俺のスカート、どこ行った?」(日テレ系)は、初回で視聴率が10.9%とまずまずだったもののその後は、9.7%、7~8%台が続き最終回も8.7%と、ついに10%台に返り咲けずに終わった。が、スペシャルやシリーズ化の予感もありそうな終わり方に期待を寄せている視聴者もいるようだ。

 また、原田のぶお(古田)の強烈な女装姿はもちろん、「ファイティンポ!」や「お疲レインボー」などといった古田のアドリブとも取れる独特のダジャレ言葉も印象的だったこのドラマ。視聴者の反応を見てみると、〈今年の学園ドラマとしては3年A組に並ぶ傑作〉〈のぶお以外の先生も、結構なキャラでしたね。職員室での先生同士の会話、おもしろかった〉と、意外にも好意的な意見も多かった。

 一方で、〈世界史の先生で里見萌役の乃木坂46・白石麻衣は、原田に好意を持っていたはずだが…〉〈関西Jr.のユニット「なにわ男子」の道枝駿佑が演じた東条正義は、高橋ひかるが演じた幼なじみの川崎結衣のことを好きなようですが、特に何の進展もなく終わってしまい残念〉といった「モヤモヤが残った」不満を漏らす声もあった。

「ただし、今回のドラマでブレイク目前と思われる演技を見せたのが、川崎を演じた、現役の女子高校生でもある、女優・高橋ひかるでしょう。《白石麻衣がオバさんに見えるくらい高校生たちがピカピカしていてまぶしい》なんて声もネットでは見られましたが、彼女は、14年の『全日本国民的美少女コンテスト』のファイナリスト。17年に『おんな城主 直虎』でNHK大河初出演、民放ドラマとして初出演の、18年7月期の『高嶺の花』(日テレ系)では、毎回キュートなキャラ扮装姿が話題に。同時期には『パフェちっく!』(フジテレビオンデマンド)で、主演も務めました。このように順調すぎるくらいの経歴は、事務所の先輩で実業家との恋愛で評判を落とした剛力彩芽や、結婚・出産で今後も女優としての活動に懸念が残る武井咲の後釜として、“急ピッチで育てていこう”という事務所側の事情も多いにありそうです」(アイドルに詳しいライター)

 もっともデビューして数年のうちは〈可愛いが演技ヘタすぎる〉といった否定的な意見もかなりあった。

「ですが、やはりそこは事務所が見込んだ『ダイヤモンドの原石』。昨年の11月からファッション誌『Ray』専属モデルにも抜擢されたのもうなずける、手足が長く細身の長身で透き通るような白い肌を持つ彼女は、ドラマに登場する女性陣の中でもひときわ目を惹いていました。原田のクラスの生徒役でダンス部に所属し、“おしゃれ番長”という設定も良かったですね」(前出・ライター)

 他にも、SNSなどで〈歯ぐきがちょっと出ていて、戸田恵梨香を感じさせる美人で将来が楽しみ〉といった期待を寄せるコメントも多く見られる。ただし、本人が「あこがれている」と公言しており、また〈ちょいたれ目なところが似ている〉という声もある剛力彩芽の二の舞にならないよう、しばらく恋愛面においては“垢抜けない”ままでいてほしいものだ。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日