芸能

「華原朋美はオバチャン」はホメ言葉!?misonoに“常識ゼロ姉妹”の罵声

20151213misono

“芸能界引退するする詐欺”など、やりたい放題、言いたい放題の言動で炎上タレントとなっているmisono。最近はピーク時ほど需要はないものの、相変わらずブログはウザすぎるとアンチにバッシングされ、たまにテレビに出れば天性のイラつかせ師の性分をいかんなく発揮している。

 10月にスタートした音楽情報バラエティ番組「音ボケPOPS」(TOKYO MX)の初回放送のオープニングで、MCの華原朋美に対し「こんなにオバチャン感強かったでしたっけ?」と発言。これで華原にスイッチが入ってしまい、番組そっちのけでマジ口論に発展したことが一部で報道され、話題となった。華原が「他のスタジオで会ったとき、無視したよね?」と別の炎上ネタも引っ張り出してくるなど収拾がつかなくなったあげく、「この話は後で‥‥」と華原がバラエティ定番の発言で収めていたわけだが、あのテンションなら本当に楽屋でやりあっていてもおかしくなかったという声もある。

「misonoは先日放送された紀行バラエティ番組『旅ずきんちゃん』(TBS系)で、その発言の真意について聞かれると、『ホメたんですよ』と話していましたが、なかなかそう受け取れる人はいないはず。姉の倖田來未も“羊水が腐る”発言で活動自粛を余儀なくされた過去がありますが、姉妹そろって感覚がズレているのかもしれません。misonoとしては視聴者の気持ちを代弁しているつもりで言ったのかもしれませんが、現場が炎上したのでは元も子もないですよね」(テレビ誌記者)

 今回のmisonoの発言について、視聴者からは「姉妹で常識を勉強しなさい」「何でも言えばいいってもんじゃない」「見た目のディスりはテレビではやめろ!」など、まるで子供を叱るようなコメントも目立った。

 大久保佳代子は「炎上しないmisonoなんてmisonoじゃない」と話していたが、この様子だと炎上しないmisonoを見られるのは、本当に芸能界を引退したときになりそうだ。

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
2
「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(4)大量の“潮”まで見せた清水美沙の女優魂
5
あわや胸の“レーズン”が!マギーの艶ショットに「これは事件」の評