芸能

長澤まさみ サービスカットの裏で低視聴率「真田丸」戦犯扱いの理由!

20160407u

 長澤まさみ(28)の艶っぽさが最近とみに増している。女優としては大きな武器となるはずだったが、大河出演を機に、どうにもむなしい結果を生みつつあるのだという

 3月4日、「第39回日本アカデミー賞授賞式」に登場した長澤は、総ラメ素材の衣装に身を包んでいた。背中が大きくざっくりと開いたドレスは、歩くたびに大胆なスリットから生足をチラチラとのぞかせた。映画関係者が明かす。

「当日は明らかにギャラリーと他の女優陣を意識し、『衣装では負けない』と相当気合いが入っていたようだ。所属事務所関係者は『もう少し控えめでもよかったのでは‥‥』と苦笑いでしたが、間違いなく本年のベストドレッサー。今年29歳を迎えますが、以前から、『今年は恋愛よりも女優業に力を入れたい。(年齢にちなみ)肉を食べまくって三十路を迎えるまでに勝負したい』と宣言していた」

 デビュー以来の清純派から、セクシー路線転向もその表れか。昨年末、「日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」に出席した際にも、上半身の線があらわになった黒いシースルーのパンツルックで、推定Fカップのバストまる出し姿が話題になったばかりだ。しかし、取材したスポーツ紙の芸能担当記者はこう話す。

「大河の撮影期間だったため、眉毛の手入れは最低限しか整えていなかったそうです。無防備な感じが扇情的ではあったのですが、ゲジゲジの太い眉毛が目立ってしまい、どことなく田舎臭く見えてしまいました」

 “気合い”が空回りすることもあるようだが、NHK大河ドラマ「真田丸」でも、長澤の評判はイマイチだというではないか。

 主人公・真田信繁の幼なじみで、生涯寄り添い続けた「きり役」だが、視聴者には役柄の性格がかなりうっとうしいようで、〈登場するとイライラする〉などとネット上で非難を浴びているのだ。同ドラマは第2話で視聴率20.1%と初の20%超えを記録したものの、なんと長澤が登場してから視聴率が下がり始めて、16~17%台でうろうろし、3月20日の放送ではついに15.6%までダウンしてしまった。放送担当記者が長澤の苦境ぶりを明かす。

「信繁と結ばれ、けなげに尽くす『梅役』の黒木華(26)の評判が上がる一方なんです。年下とはいえ、高校・大学時代に演劇に打ち込んでいた黒木は演技力が抜群で、長澤は見劣りしてしまう。『日本アカデミー賞』ではハッキリとジャッジされて黒木に軍配が上がっている。このままでは、番手は黒木よりも上ですが、長澤の出番がどんどん減らされることになりそうです」

 一方、13年に交際が報じられた俳優の伊勢谷友介(39)とは、これまで何度か破局が報じられている。女性誌記者が2人の複雑な関係について説明する。

「伊勢谷は元交際相手へのDV疑惑が報じられるなどイメージが悪く、長澤のブレーンは別れさせたくて懇意のメディアに破局情報をリークしていた。それでも、伊勢谷に精神的に依存している長澤が猛反発。伊勢谷と別れる気はないようで、最近は大河ロケでまったく伊勢谷に会う時間がないため、ストレスは爆発寸前というほどですからね」

 いっそ、大河に伊勢谷を投入して長澤と共演させれば、視聴率もアップしそうだが──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
4
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
5
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!