芸能

殺害予告に腰が引け…「めちゃイケ」凋落は“狂犬”加藤浩次の“去勢”が原因?

20160404kato

 バラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)が「つまらなくなった」という話題は放送するたびにネット上でよく聞くが、もしかしたらこの事案もその原因の一つかもしれない。

 それは、レギュラーである加藤浩次のノリが非常に悪くなったということだ。

 加藤といえば、かつては「狂犬」と呼ばれ、同番組の人気コーナー「爆烈お父さん」ではゲストにジャイアントスイングをぶちかまし、しゃべりでは別番組でレギュラーとして共演するはずだった田中美保に容赦ない暴言を吐き、田中自らが番組降板を申し出たほど暴れん坊イメージが浸透していた。

 しかし、この加藤の唯一の武器とも言える悪ノリがある時を境に明らかに落ち着いてしまったのだ。

「13年夏の『FNS27時間テレビ』の『めちゃイケ』の枠では『爆烈お父さん』が放送されましたが、その時のゲストであったAKB48渡辺麻友の頭を蹴るなどしたことで、視聴者からの苦情の電話がフジテレビに殺到。また、相手がトップアイドルということもあり、加藤には1000件単位の殺害予告が出ていたようで、加藤も騒動直後は刺されても大丈夫なように、お腹に『週刊少年ジャンプ』をしのばせていたほどビビりまくっていた。先日放送されたバラエティ番組で当時を振り返り、『それから僕もう“ノリ”なんていう言葉、やめましたから!』と、あっさり自身の武器を捨てたことを打ち明けていました」(エンタメ誌ライター)

 とはいえ、ただでさえ面白い出演者がいないと言われている「めちゃイケ」で、加藤にこういったブレーキがかかってしまっていることは番組にとってはかなりマイナスなのは間違いない。

 先月19日放送回では哀川翔にドッキリを仕掛け、珍しくネット上でも評価されただけに、さらに加藤の悪ノリ復活が番組にとっては視聴率復活の大事なカギとなってきそうだ。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
3
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
5
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」