芸能

本当にコンプレックス?指原莉乃にバストを鷲掴みさせた筧美和子にドン引き

20160406kakei

 Hカップバストを誇るグラドルで、最近はモデルとしても活動する筧美和子が、いまさらになって「胸がコンプレックス」をアピールし、世の女子たちをドン引きさせた。

 4月2日放送の「有吉反省会SP」(日本テレビ系)にて筧は、「自撮り写真でバストを隠す」ことを反省。司会の有吉弘行から意識的に隠しているのかと問われると「気づかないうちにワザとやっちゃってるのかもしれない」と答え、さらには「学生の時は男子にからかわれた」「ミワパイというあだ名をつけられた」とコンプレックス感丸出しのコメントを連発したのである。そんな筧に対し女性誌のライターはこんな苦言を呈する。

「モデルが本業だと言うなら、せめて『モデルらしい衣装が着れない』とでも言えばいいのに、口から出るのはバスト自慢の女子高生が言いそうなセリフばかり。それでいてぴったりニットの衣装は胸の大きさを強調しまくりで、本当にコンプレックスかどうかも怪しいところです。指原莉乃さんに堂々と胸を触らせる姿には『やっぱ自信あるじゃん!』と腹が立ったくらいですよ」

 そのシーンでは正面から何度も胸を鷲掴みにされ、当の指原が「今まで触ったなかで一番柔らかい!」と興奮気味に絶叫。男性にとってはゴールデンタイムでこんなムフフシーンが堪能できていいのかと、嬉しくなってしまうほどだった。そんな筧の反省について、芸能ライターはこんな見方を示す。

「筧のSNSでは実際のところ、胸元をしょっちゅう見せていますよ。ファッション誌の専属モデルとはいえモデルとしての需要がさほど多いわけでもなく、演技も下手なのでドラマや映画からはお声が掛かりません。しかも気の利いたコメントもできず、今回の放送でもキョロキョロと視線がさまよう姿が目立つなど、バラエティにも向いていないんです。結局のところ、バストが最大のウリだということは本人も自覚しているはず。今回の出演もコンプレックスを名目にしつつ、バストを武器に存在感をアピールするものだったのかもしれません」

 そんな筧は自分のバストについて「水風船みたいな感じ、ちょっと垂れ気味」と告白。だがそれは、バスト好きの男性にとってはツボにハマる訴求ポイントでもある。そこまで理解した上での発言だとしたら、なかなかのスナイパーぶりを発揮していたと言えそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「服からバストがこぼれそう」最新写真に“過去最高艶度”の声!
2
藤田菜七子が土屋太鳳を“公開処刑”した!?超小顔とスレンダー大人ボディ
3
「ハコヅメ」永野芽郁のバスト感触をガッツリ味わった俳優に羨望の声!
4
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ
5
西内まりやがココまで脱いでいた!「全裸監督2」騎乗シーン再現