芸能

追っかけ総直撃!選ばれし“永遠のマドンナ”に会いたい!(2)「さとう珠緒」

20160505_12o

 戦隊ヒロインを経て「究極の婦警コスチューム番組」に抜擢され、そのあどけなさと抜群のボディでブレイクしたさとう珠緒(43)。今なお結論が出ない「あの騒動」にもすべて答えます!

 この4月から「横浜見聞伝スター☆ジャンEpisode:2」(テレビ神奈川)というドラマに出ているんです。私がオーピンクをやった「超力戦隊オーレンジャー」(95年、テレビ朝日系)と同じ戦隊ヒーローですが、私の役の年齢はなんと18歳! ヒロインの子が20代なのに、どうして私が10代なのかと(笑)。

 私の番組って、なぜかヘンだなあと思うことが多いんです。戦隊モノなのに「オーレンジャー」では、水着でビーチボールをやって遊んでいるシーンがありました。あれは、プロデューサーの趣味だったなと思っています(笑)。

 それから「出動!ミニスカポリス」(96年、テレビ東京系)ですね。これで私のことを知ってくださった方も多いと思いますが、最初はマジメに車を紹介する番組だったんですよ。それがいつの間にか「ローアングルでパンチラ狙い」になっていったんですね。CCDカメラとか、とんでもない使い方でした(笑)。

 私たち初代は3人だけでしたから今でも仲がよくて、私の名前も売っていただいた演出のテリー伊藤さんには感謝しています。

 順風満帆だった芸能活動が、21世紀を境に逆風にまみれる。女が嫌いな女1位、所属事務所との裁判、そして「1億円のAVオファー」も衝撃だった。

 私のトレードマークの「ぷんぷん」のポーズは、初めて舞台に出た時にやったことなんですよ。私、特別な感じじゃなく、女性は誰もがやるものだと思ってて。ところが、そうじゃなかった(笑)。

 それがきっかけで雑誌の「女が選ぶ嫌いな女性タレント」の1位にも選ばれましたけど、言われるうちが花と思いましたよ。今、考えても「ぷんぷん」の頃が1番、テレビにも出ていましたからね。

 事務所社長との裁判は、昨年、私の全面勝訴で結審しました。私が美容整形の広告の仕事をキャンセルしたとして、損害賠償の支払いを求められたのが発端です。

 とても引き受けられる内容ではなかったのですが、やがて、社長も連絡がつかない状態になってしまって。

 決して悪い人ではないんですけど、周りにいた方達が変だったのかなぁと思います。

 そして「AV騒動」は、アサ芸さんにもずいぶん書かれたと思いますが(笑)、話があったのは事実ですよ。私も知り合いの編集の人から「さるメーカーが1億円を用意してる」って聞かされました。

 そして私のもとには「ハリウッドで映画を撮らないか?」という話で。2~3年前のことでしたけど、オーディションもなく、聞けば聞くほど怪しい内容。

「ベッドシーンもあるんですけど‥‥」

 結局、そのオファーは完全にAVあってのこと。もちろん断りましたが、本当に「ぷんぷん」でしたね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”