芸能

またフジが震災をネタに?福山雅治「ラヴソング」に“不謹慎”と批判殺到!

20160512fukuyama

 5月9日に放送された第5話の視聴率が8.4%という厳しい数字を記録したテレビドラマ「ラヴソング」(フジテレビ系)だが、同ドラマは今回から脚本家が変更されていたという。

「これまで脚本は倉光泰子さんが担当していたのですが、今回の第5話から突然、神森万里江さんに変更されていました。『ラヴソング』は初回から視聴率が奮わず右肩下がりとなっているため、制作側はテコ入れで脚本家を変更させた可能性があります」(テレビ誌記者)

 そんな新たな脚本家によって執筆された第5話だが、ネットではヒロインの藤原さくらが、昼間から職場で匂いの気になるキムチを食べるシーンが不自然だと、ツッコミが相次いだ。

 さらに同シーンの背景に映ったロッカーの名札が、「佐藤」「小島」などのよくある名前の中に「内ヶ島」という苗字があったことに対し、視聴者の間で物議を醸している。

「内ヶ島という名前は、戦国時代に一夜にして大地震で滅亡した日本の氏族である“内ヶ島氏”を想像させるとして、視聴者から『熊本地震が起こって間もない時期にこの名前は不謹慎だ!』『内ヶ島なんて珍しい名前を偶然使ったと思えない』『内ヶ島で検索すると一番上に一族の記述が出てくるから意図的なメッセージでは?』と批判が殺到しています。フジは過去に東日本大震災を扱ったドラマ『最高の離婚』で“ツナミラッキー”と印字された名刺を小道具として扱った前例がありますから、ネットでは『またか‥‥』という声が広がっているのです」(前出・テレビ誌記者)

 その一方で嵐・松本潤主演の人気ドラマ「99.9」(TBS系)では、セットに「熊本大分応援」と書かれた募金箱が置かれていたため、視聴者からは称賛の声が巻き起こった。

 今回、ドラマのたった1つの小道具で、TBSとフジの明暗は分かれることとなったようだ。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「沢尻逮捕」の衝撃再び?30代元アイドルの「薬物使用」報道でネットに実名乱立!
2
木下優樹菜“不貞疑惑”にまたしゃしゃり出て拡大させたダルビッシュの愚
3
最後はメンバー不祥事で自滅…AAA“解散”背景と垣間見える業界の“闇”
4
土屋太鳳、前から横からの全身写真で再証明した“タオパイ”のド迫力!
5
「元祖!大食い王」に大ブーイング!レジェンド小林尊は登場しても大食いせず!