芸能

長澤まさみ ツンデレ演技が大不評…「真田丸」撮影現場で「仲間はずれ」に!

20160623e

 NHK大河ドラマとして3年ぶりに20%超えを果たすなど視聴率好調の「真田丸」。ヒロイン役の長澤まさみ(29)は時代劇に似つかわしくない現代風のセリフ回しで異彩を放っているが、撮影現場でも“浮いた存在”になっているという。

 長澤が演じるのは、主人公・真田信繁(幸村)の幼なじみである「きり」。史実上は、信繁の側室となり、最期まで添い遂げた生涯のパートナーだ。その特異なキャラについて、ドラマ解説者の木村隆志氏が語る。

「現段階では、信繁に好意を寄せ続け、見込みがないとわかっても付きまとい続けるストーカーキャラ。時代劇でありながら、ドラマでは現代の女性のように描かれていて、『やだ~』とか『知らねぇ~』のように語尾を伸ばす“タメ口”のセリフが印象に残ります。また、デレ~ッとしたかと思えば、プク~ッとふくれっ面をしたりと、かなりオーバーな演技は、昔からの大河ファンには、受け入れにくいかもしれません」

 一部視聴者の間で、「ツンデレ演技」が大不評の長澤だが、撮影現場でも孤立する姿が目撃されていた。ドラマ関係者が明かす。

「スタジオでは1人でポツンと過ごしていることが多いですね。他のキャストの皆さんが撮影の合間に談笑していても、その輪にはあまり加わらず、少し距離を置いているように見えますね」

 堺雅人(42)や大泉洋(43)ら主要キャストは、カメラが回っていない場所でも役名で呼び合って結束を高めているほど。

「収録現場のムードメーカーは石田三成を演じる山本耕史さん(39)。とにかくスケジュールが多忙な山本さんは楽屋で居眠りすることも多く、スタッフが起こしに行くこともしょっちゅう。寝ぼけ眼で現場に入って、他の役者さんに『石田さん、寝ちゃダメだよ~、秀吉さんカンカンだよ』なんてイジられてますよ」(前出・ドラマ関係者)

 そうしたやり取りを寂しそうに見ていたのが長澤だ。

 ドラマスタッフが言う。

「実は長澤さんだけ、きりではなく、いまだに“長澤さん”扱いなんです」

 現場で「仲間はずれ」にされた長澤は常々周囲に、

「みんな役名で呼ぶのに私だけ‥‥何で?」

 と、ボヤいていたという。だが、決して長澤のせいではないと前出・ドラマスタッフは証言する。

「大河ドラマの現場はすごく男くさい。昔は役作りのために何日も風呂に入っていない俳優さんがいても周囲は平然としていましたからね。男性陣と女性陣の間に見えない壁ができてしまうのもしかたありません」

 それでも、ドラマは毎回高視聴率を記録している。

「地上波より2時間早くオンエアされることから“早丸”と呼ばれるBSプレミアムの放送を合わせれば毎回20%を超えています」(NHK関係者)

 年内放送される、この人気ドラマはまだ前半。クランクアップまでには現場で「きりちゃん」と呼ばれたい!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!