芸能

グラドル「神水着」総選挙(33~48位)、「石原さとみ似」から「男性未経験」のあの人も!

20160718guradorud

 発売中の「アサ芸シークレットVol.40」が発表しているグラドルの人気投票。

 締めを飾るのは、グラビアをきっかけに羽ばたいたタレントやその地位を狙う「ネクストガールズ」たち。

33位 今野杏南(156センチ B86・W59・H83)

 5年前のデビュー当時は「石原さとみ似のグラドル」と呼ばれたが、もはや、そんなコピーも必要ないほどオリジナル路線を確立した。

34位 山地まり(158センチ B87・W60・H88)

 そういえば昨年の今ごろ、堂々と「男性未経験」を宣言してたなあ。あの後、どうなったんだろう‥‥と、あらぬ妄想をさせるヴィーナス。

35位 磯山さやか(155センチ B88・W60・H86)

 キャリアが長いこともあるが、グラビアポーズの研究においては他の追随を許さない。肉感的なボディを何倍にも輝かせるプロの技。

36位 佐藤聖羅(158センチ B88・W59・H88)

 SKE48を卒業後、自身の強い意向でグラビアに転身。それを可能にするだけのボディの持ち主であり、グラビアには常に全力の姿勢。

37位 松本菜奈実(166センチ B100・W62・H89)

 柳瀬早紀らと並ぶ「乳神様」のカテゴリー。まるで七福神を回るかのごとく、特大のバストを順に眺めていくのも悪くないはずだ。

38位 小島瑠璃子(157センチ B81・W57・H85)

 日本のタレントでトップを争うテレビの出演本数だが、それでも、水着の仕事は封印していない。たまに披露するとお祭り騒ぎの状態。

39位 橋本梨菜(158センチ B83・W60・H88)

 健康的なぽっちゃりかげんこそ“りーりー”の真骨頂。ある世代には、70年代の日焼けしたアグネス・ラムらを思い起こさせる。

40位 おのののか(169センチ B83・W59・H85)

 テレビで見ない日はないほど売れっ子のバラエティタレントに。そのため、グラビアは2年ほど遠ざかっているのがもったいない。

41位 久松かおり(153センチ B90・W61・H85)

 デビューから2年、ミニマムながらメリハリの効いたFカップボディは、じわじわ支持を拡大中。この夏、一気にチャンピオンへ!

42位 吉木りさ(162センチ B80・W59・H88)

 みずから「ちっぱい」を自称するが、それでも数多くの雑誌で「売れる表紙」に認定されたことは事実。それほど見せ方は高レベル。

43位 片岡沙耶(154センチ B90・W62・H82)

 子役出身の長いキャリアを持つが、ここ最近は「下乳天使」のフレーズが定着。その思い切ったイメチェンは、下半期の大本命確実!

44位 葉月あや(152センチ B90・W58・H85)

 深夜バラエティの出演も増えているが、ボディだけでなく、何ともエロい顔立ちで注目されている。そのフェロモン、大歓迎です。

45位 小間千代(162センチ B88・W59・H89)

 男好きする野性的なルックスであるが、可愛らしさにおいても絶賛する声は多い。その絶妙なポジションこそ小間千代の最たる魅力。

46位 和地つかさ(148センチ B90・W62・H82)

 テレビで命名された「煩悩カップ」に話題騒然。グラビア界ではすでにコアなファンも多いが、よりポピュラーな存在になれるか?

47位 為近あんな(160センチ B83・W60・H88)

 ここ最近は少なくなっていた「女豹ポーズ」の若き第一人者。自慢のヒップも、完璧な下側の乳も、この角度ならダブルで楽しめる。

48位 トロたん(158センチ B93・W60・H88)

 コスプレイヤーとして抜群の人気を誇り、グラビアに転向してちょうど1年。Hカップの色白やわらかバストは、沸点目前である。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”