芸能

矢口真里が高畑裕太を「いい方」で大炎上!“性モンスター同士”で気が合った?

20160907yaguchi

 ただ印象を語っただけなのに‥‥矢口真里がまたもや炎上のプロとしての本領を発揮している。

 矢口は9月1日、都内で行われた「元気寿司商品開発コンテスト」に出席。同イベントの囲み取材で8月23日に婦女暴行容疑で逮捕された高畑裕太容疑者についての質問を報道陣から受け、その印象について語った。

 矢口は高畑容疑者が逮捕される前にバラエティ番組で共演しており、その時の印象について「初めて収録でお会いしました。フランクな方で、初めましてだったけれど何回かお会いしたテンションでお話しした」と当時を振り返った。

 その印象を踏まえたうえで、「すごくいい方だったので、まさかと思った」と、事件を起こしたことを素直に驚くというありがちなコメントを残したのだが、これがまさかの大炎上。ネット掲示板では、矢口が高畑について語ったことがネタとして取り上げられ、「あのヤバいノリをフランクというのが矢口の感覚」「性モンスター同士で仲良くできるかも」「ピストン矢口とフランク高畑」など言われたい放題だ。

「どうやら『すごくいい方』という発言がネット民のしゃくに障ったようですね。矢口も性を抑えることができずに自宅に男を連れ込み、芸能人生を一度はぶち壊してしまった立場ですから、待ってましたとばかりにツッコまれましたね。ロンブー田村から『性モンスター』とイジられた過去など、ちょうど高畑とキーワードがかぶったこともアンラッキーでした」(女性誌記者)

 記者から聞かれなければ答えなかったはずだけに、矢口も今回の炎上はちょっと納得がいかないかもしれない。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
「とにかく恥ずかしかった」太川陽介がブチまける大ヒット曲「Lui-Lui」の「給料7万円アップ」ウラ話
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」