芸能

まず生駒ちゃんに謝まれ!卓球・丹羽孝希、乃木坂46へのVTRにファンが憤慨

20161007nogizaka

「いちいちしゃしゃり出ないでほしい!」と批判殺到だ。

 10月2日に放送されたバラエティ「おしゃれイズム」(日本テレビ系)に乃木坂46の生駒里奈、白石麻衣、西野七瀬が初出演。それほど出演機会も多くない全国ネットのトーク番組に乃木坂の広告塔とも言える人気メンバー3人が出演ということもあり、ファンは放送を心待ちにしていたようだ。実際、番組が終わってみれば、その充実し過ぎた内容に「30分番組では物足りない」と訴える声もチラホラ聞こえてきたが、唯一、ファンが不満を漏らす場面があった。

「乃木坂ファンを公言している卓球日本代表・丹羽孝希が3人へVTRでメッセージを送っていたことに不快感を覚えているファンが多いようです。丹羽といえば、8月に神宮球場で3日連続で行われた『4th YEAR BIRTHDAY LIVE』にもテレビ番組の仕事を早退してまで全公演に参戦するという筋金入りの乃木坂ファンですが、昨年5月にはツイッターでわざわざ乃木坂ファン引退を宣言していた過去があります。しかも、その理由が当時の最新シングル『太陽ノック』の選抜に不満があったというもの。センターに抜擢されたのは生駒でしたから、当然のように生駒ファンから叩かれ、炎上してツイッターを削除したほど。しかし卓球で活躍した最近になって、ちゃっかりまたファンアピールをし始めているということに顔をしかめているファンがとても多いんです」(アイドル誌記者)

 番組では推しメンと公言している白石に対してのメッセージを中心に話していた丹羽だったが、生駒も出演していただけに「まず生駒ちゃんに謝るのが先だろ」「よく顔を出せたもんだな」「コイツが乃木坂ファン代表になっているのが最悪」「あ~ムカつく」など、ファンから壮絶なバッシングをくらっている。

「丹羽はテレビだけでなく、乃木坂を大々的に取り上げたアイドル誌『別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46 vol.03』でも乃木坂へメッセージを送り掲載されていますが、こちらにも『丹羽のコメントはいらない』といった声が殺到しています」(前出・アイドル誌記者)

 VIP待遇で乃木坂と共演できる丹羽への嫉妬心がそうさせるのだろうが、過去の言動が消えないのも事実。丹羽もメディアで乃木坂ファンを語るのであれば、ファンを無視し続けるのはマイナスだろう。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
池田エライザが艶姿で「カチカチよ」/芸能美女「マッパにエプロン」秘録(下)
4
新垣結衣、ビール新CMで気になり過ぎる!?ニットも歪むバストの“張り具合”
5
NHK・和久田麻由子 桑子真帆を屈服させた「黄金時代」の内幕(1)紅白司会の候補に挙がっていたのは4人だが…