スポーツ

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」スポーツ界「波乱のウラ舞台」<野球篇/悔恨インタビュー・近藤昭仁>元ロッテ監督が回顧する「18連敗の真実」

20161020r

 プロ野球史上ワーストの18連敗は、98年に千葉ロッテが記録した。26日間も勝ち星に見放されたドロ沼の戦況を、当時の指揮官である近藤昭仁氏(78)に振り返ってもらった。

近藤 クローザーの河本がね、その年のオープン戦終盤に打球が直撃して、後遺症が残ったんですよ。成本も故障離脱していたんで、この時点で抑え投手がいなくなったんです。江尻(当時の編成部長)がアメリカから選手を獲ってくると言ったんだけど、戦力にならなかったし、すでに前年から伊良部(96年12勝)、ヒルマン(96年14勝)も抜けていて、まともに投げられる先発は小宮山と黒木くらいしかいなかった。

──途中、その黒木知宏を救援に配置換えするなど、起死回生を狙ったが?

近藤 他にいないんだから‥‥。当時の黒木はボールに力があって本当によく投げてくれたと思いますよ。

──その黒木を先発に再転向させ、敗れたオリックス戦がプロ野球新記録の17連敗となった。

近藤 9回二死まで勝ってたんだよね? まさか、あんなのに打たれるとは‥‥。

「あんなの」とは、同年、本塁打18で、助っ人と呼ぶにはもの足らなかったプリアム。あと1アウトで連敗脱出の場面で同点2ランを食らった黒木はマウンドに崩れ落ち、延長戦で敗れた。

 長い連敗中、神頼みもして、すがるもの全てにすがった。巨人コーチ時代に仕えた藤田元司氏からもらった水晶の数珠をつけてベンチ入りしたこともあれば、大阪府箕面市の勝尾寺のお守りも入手。試合前の厄払い、勝運招福の祈願もした。ベンチにお清めの塩、酒をまいた日もあり、近藤氏は

「いろいろやりましたよ」

と今でこそ笑って話すが、当時は「人が困ってるところを写真に写して楽しいか!?」と報道陣にかみついたこともあった。

──97年からロッテを指揮しているが、監督に就任する際、チームにどんな印象を持っていたか?

近藤 正直な話、ロッテのことはよくわからなかった。藤田さんから「ロッテが困っているから、助けてやってくれ」と連絡があって、それで監督を引き受けたんです。広岡さんがGMをされた影響だと思うが、野球をわかっている者もいれば、走者一塁の場面で簡単に遊撃ゴロを打つような選手もいて、これからのチームだった。連敗中、ミーティングで説教をしたり、檄を飛ばしたり、選手を名指しで叱ったりもしましたが、あまり効果はなかったようですね。

──とはいえ、98年は若い選手も頭角を現した。

近藤 黒木もそうだが、野手では小坂や福浦が出てきて、2人ともよう頑張ったと思う。レギュラーから外した初芝、南渕はちょっとブンムクレてたかな(笑)。

 連敗脱出後、38勝27敗1分けと好成績を残したが、2年連続最下位は免れなかった。チーム打率リーグ1位、同防御率は2位。総得点も総失点を上回ったが、近藤氏は史上4人目の両リーグ最下位指揮官となり、同年辞任した。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
「とにかく恥ずかしかった」太川陽介がブチまける大ヒット曲「Lui-Lui」の「給料7万円アップ」ウラ話
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」