事件

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」政治・事件スクープの表裏!<未解決事件の犯人を追え>

20161027u

 ベテラン記者は週刊アサヒ芸能を「事件のアサ芸」と呼ぶ。60年とは警察の組織捜査力が高まる歴史でもあるが、「未解決事件」がなくなることはない。

 まずは20世紀最後の日に発生した、未曽有の凶悪殺人「世田谷一家殺害事件」を振り返ろう。

 2000年12月31日、東京都世田谷区上祖師谷3丁目の宮沢みきおさん(当時44歳)宅で、一家4人が何者かによって惨殺された。隣家に住む、妻・泰子さんの母によって、31日午前10時40分過ぎに発見される。

 犯人は指紋や血痕、靴の跡の他にも、大量の遺留品を現場に残す。しかし、現在まで逮捕されていない。

 発生直後から正月休み返上で取材を敢行した。発生直後から多くの情報が錯綜する中、発生から5カ月後の01年5月3・10日合併号で検察関係者の証言として、「核心情報」を報じた。

〈標的は、新潟少女監禁事件の犯人のような、これまでの捜査で見落としていた、ひきこもりがちな、年齢的には10代から20代の青年です〉

 遺留品の毛糸の帽子からは、毛髪が1本も検出されていない。つまり抜け毛が少ない若い男の可能性が高い。殺害方法が「あるホラー映画」に酷似しているなどの点を、証言の信ぴょう性の理由にあげている。被害者遺族とコンタクトを取ったことのある、ノンフィクション作家・窪田順生氏が振り返る。

「遺族には『近所の人間が怪しい。包丁も靴もシャツも聖蹟桜ヶ丘、成城学園前、経堂の3カ所でそろえられ、それは全て繰り返し洗濯した痕跡がある。家族と同居してしっかりとした生活を送っている人物が犯人像』だと説明しています。にもかかわらず、なかなか容疑者が浮かび上がらない。外の世界と接触を持たないような人物が、犯人である可能性も捨てきれないと感じました」

 一方、13年12月19日早朝、京都市山科区で殺人事件が発生した。当時の王将フードサービス社長・大東隆行氏(72)が、4発の銃弾を放たれ絶命したのだ。「銃殺」「4発全てが命中」「計画性のある逃走」──これらから、発生直後よりヤクザの関与がささやかれていた。週刊アサヒ芸能はネットワークを生かし、14年1月16日号で、ヤクザの貴重な証言を報じた。

〈(25口径の拳銃は)その密輸にヤクザが関与していることはあっても、人を殺すために使うかというと、その可能性は低いと思う〉

〈タマを奪る道具やない。ヤクザが殺す目的で使用するなら38口径だとか、もっと大きな拳銃でキッチリとやる〉

 そして、王将が抱えていたお家騒動や中国・大連出店を巡るマフィアとのトラブルなども紹介した。

〈長期化するでしょう。同じく年の瀬に起きたあの世田谷一家殺人事件のように、半ば迷宮入りする可能性は十分あります〉

 残念ながら現在も未解決の両事件。一刻も早い解決が待たれる。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”