芸能

嵐に次ぐ次世代看板グループ争いはHey!Say!JUMPをキスマイが大逆転!?

20161212jump

 SMAPの解散が近づいてくるなか、嵐が務める「次世代ホープ」のポジションに注目が集まっている。序列的にはNEWS、関ジャニ∞、KAT-TUNと続くものの、この3組が嵐の地位を継承する可能性は小さいだろう。NEWSはグループとしての印象が薄く、関ジャニ∞はKinKi Kidsの系譜に連なる関西代表の顔があり、空中分解状態のKAT-TUNは論外だからだ。

 すると最も有望視されるのは、2007年デビューのHey!Say!JUMPになるはず。月9ドラマ「カインとアベル」(フジテレビ系)主演の山田涼介や、「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)のMCが板についてきた伊野尾慧など、主要メンバーの知名度は上昇中。大晦日にはジャニーズカウントダウンの口火を切る東京ドーム公演も決まっており、もはや次世代看板グループの座は確定の勢いだが、その風向きが変わってきたと芸能ライターが指摘する。

「山田は『カインとアベル』が月9ワースト視聴率にまっしぐらの大惨敗。伊野尾は艶系女優との海外デートに続いて女子アナとの二股交際まで発覚し、アイドルとしての自覚を問われています。これでヘイジャンが失速する一方で、下剋上を果たそうとしているのがKis-My-Ft2(キスマイ)でしょう。CDデビューこそ後れを取ったものの結成はヘイジャンよりも早く、実力面もドームツアーを成功させるなど文句ありません。人数面でも多すぎの感があるヘイジャン(9人)より、キスマイ(7人)のほうが使い勝手がいいはずです」

 ちなみにヘイジャンの平均年齢は24.5歳で、同34.0歳の嵐から代替わりするには離れ過ぎている感じもある。それが同28.5歳のキスマイなら約5歳違いと程よい距離感で、ファンの世代交代がスムーズかもしれない。そして両者の実力面でも違いが表面化しているというのだ。

「7月23日に放送された『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)では、ヘイジャンとキスマイが真っ向対決するコーナーを放送。両者のバラエティ力が試された結果、キスマイの圧勝となったのです。嵐の後釜には高いバラエティ力が求められるでしょうから、来年以降は両者の序列がひっくり返り、キスマイが次世代ホープにのし上がる可能性も高そうです」(テレビ誌のライター)

 序列は事務所が決めるのか、それともファンが決めるのか。ともかく来年は、ヘイジャンvsキスマイの熱い争いから目が離せなくなりそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
4
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」