芸能

小島瑠璃子、「最多番組出演」2連覇ならずで“歌手”の道にシフト!?

20161216kojima

「2016タレント番組出演本数ランキング」(ニホンモニター)が12月13日、発表された。TOKIOの国分太一が年間出演数659本というブッチギリの本数を記録し、3年連続の総合1位に輝いたのだ。女性部門で昨年1位だった小島瑠璃子は2位(413本)にダウン。代わって、今年3月から朝の帯番組「スッキリ!!」(日本テレビ系)のサブMCを務めるハリセンボン・近藤春菜が457本で女性部門トップ、総合部門5位に入った。テレビ誌記者が言う。

「昨年、女性部門トップだった小島は11月に行われたイベントで、2連覇が無理であることを打ち明けていました。放送中の連続ドラマ『コック警部の晩餐会』(TBS系)でドラマ初挑戦。それに時間を取られたことで、バラエティ番組の出演本数が激減したためです。小島は朝6時から翌朝6時まで収録が続くこともある過酷な現場に遭遇。女優業の大変さを身をもって実感したそうです」

 小島は13日、所属事務所のアイドル総出演ライブ「ホリNS火曜祭2016」に歌手として出演。公の場で歌声を披露したのは、7年前の「ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリに輝いた時以来だった。「恋に落ちて」(小林明子)、「愛を語るより口づけをかわそう」(WANDS)、「待つわ」(あみん)、「上京物語」(シャ乱Q)、「異邦人」(久保田早紀)と、昭和の懐メロをソロメドレーで熱唱。ミッツ・マングローブがカラオケ友達であるため、偏りすぎた選曲に会場から苦笑が漏れる場面もあったが、MCのイジリー岡田からは「宝塚をやめた人みたい。貫禄があった」と褒められるなど、堂々の歌手ぶり。「来年も出たい」とノリノリだった。芸能ライターは次のように評価する。

「小島は歌手志望で事務所入りしましたが、バラエティタレントとしてブレイクした。そのため、意外な美声と歌唱力を封印し、歌手の道をあきらめてしまったのです。ただ、元気の押し売り一辺倒でバラエティでは飽きられてきており、新たな戦略を練る必要がある。とはいえ、しんどい女優業は願い下げでしょうから、歌手にシフトするかもしれません。本人がその気満々でも、需要があるかどうかは別問題ですが。いずれにしても、このままではますます出演本数を減らしそうです」

 小島の暗中模索は続く。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?
5
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ