スポーツ

角田信朗、松本人志への謝罪も「痛すぎる」「傷口を広げただけ」と擁護の声なし

20170127kakuta

 弁解むなしく、より干されムードが強まってしまった。

 8年前に番組出演オファーを断ったことから、ダウンタウン松本人志から共演NGにされていることをブログで打ち明けたK-1統括プロデューサーでタレントの角田信朗。正当な理由があったうえでオファーを断ったものの、行き違いから松本を怒らせてしまったと主張し、必死に和解を求めようとしていた。

 しかし、松本は1月22日に放送されたバラエティ番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)でこの件について言及。角田には芸人対抗のジャンケン企画のレフェリーを依頼したのだが、そのオファーを断られたのは収録2日前のことだったという。結局、角田の代役は見つからず企画が飛んでしまう事態に。その後、共演NGが続いている理由についても松本は「吉本としても会社としてもそれは無理だと(なったのだと思う)。この世界でルール違反をやって、何カ月かして笑ってやっていたら、なんやねんということになる」と、自分だけの判断で共演NGになっているわけではないことを説明している。続けて、「ドタキャンだということと、8年たってブログでってなってくるというのは、ルール違反なんじゃないかなと思う」と、都合の悪い部分を伏せて、8年前のことをブログで暴露したことを非難した。

 これを受けて角田は、翌23日にブログを更新。自身の言動を「思慮に欠ける突然の発信」とし、松本や関係者に謝罪しているが時すでに遅し。角田にとっては完全アウェイな環境が出来上がってしまった。

「松本は番組で、自身の発言を受けて角田がまたブログで何かしら書くのは勘弁してほしいと話していたが、さっそくブログで謝罪。角田にとっては正義の行動かもしれないが、松本は『会社を通じてやってほしい』という要望も出したことで、さらにイメージダウンとなってしまった」(週刊誌記者)

 世間も今回の騒動にあきれ気味で、「痛すぎる」「自分で傷口広げただけ」「そもそもブログに書くようなことではない」「面倒なオヤジ」と、角田を擁護する声はない。本人は納まりが悪いかもしれないが、松本だけでなく、お茶の間から“NG”を突きつけられなければいいが。

(田中康)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
2
アレ、胸が…!? 宇垣美里、可憐なワンピース姿に世の男性たちが目を疑った理由
3
前と横、後ろから!土屋太鳳「Fカップボディをまるごと味わえる投稿」が大好評
4
宮迫博之と入江慎也がシェアする「中目の女」のテクに吉本芸人がメロメロに!
5
土屋太鳳、絶賛相次ぐ“タオ胸”解禁行動で見えてきた「色香戦略の真意」とは?