スポーツ

今さら大減量!?松坂大輔、“ドロボー契約”最終年のやる気にファンは辟易

20170131matsuzaka

 プロ野球界では、近年最悪の「ドロボー契約」と言われて久しい、ソフトバンクの松坂大輔投手。ちょっと投げればノックアウトの連続で、右肩の手術もあり、結果的には3年契約12億円の高額年俸でこの2年間はリハビリしていただけ。初めのうちは温かく見守っていたファンも「松坂を出さないほうがチームの調子がいい」など、もはや疫病神扱い。2年間の“実績ゼロ”の時点で、昨年オフに本人の口から「引退」の言葉が出ると“期待”していたファンが多いという。

「しかし、そんな期待もむなしく、契約最終年の今年はやる気満々です。これまで不調の原因と言われてきたデブ体形を10キロ絞って首脳陣の前に現れました。確かに、ずいぶんスッキリしたことは間違いありませんが、それとピッチングは別。右肩の具合はわかりませんし、記者たちも『球速まで10キロ落ちてるんじゃ‥‥』と疑心暗鬼です」(スポーツ紙記者)

 コーチたちは肉体改造した松坂の「今年こそは」の意気込みに目を丸くしているようだが、ネット上では「絞れるならなぜ最初の年から絞らなかったんだ」「今さらファンが納得すると思ってるのか?」「契約ラストイヤーだけ少し投げてまたドロボー契約を更新するつもりだろ」といった声が飛び交い、ファンの目は甘くないようだ。

「今さら7、8勝したぐらいでは誰も納得しないでしょう。少なくとも、今年もリハビリイヤーにならないよう腕がちぎれるまで投げること。そうじゃないと汚名返上とはいきませんね」(前出・スポーツ紙記者)

 かつての大スターが、再びファンの拍手を浴びる日が本当に来るのだろうか?

(佐々木たける)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス