スポーツ

今さら大減量!?松坂大輔、“ドロボー契約”最終年のやる気にファンは辟易

20170131matsuzaka

 プロ野球界では、近年最悪の「ドロボー契約」と言われて久しい、ソフトバンクの松坂大輔投手。ちょっと投げればノックアウトの連続で、右肩の手術もあり、結果的には3年契約12億円の高額年俸でこの2年間はリハビリしていただけ。初めのうちは温かく見守っていたファンも「松坂を出さないほうがチームの調子がいい」など、もはや疫病神扱い。2年間の“実績ゼロ”の時点で、昨年オフに本人の口から「引退」の言葉が出ると“期待”していたファンが多いという。

「しかし、そんな期待もむなしく、契約最終年の今年はやる気満々です。これまで不調の原因と言われてきたデブ体形を10キロ絞って首脳陣の前に現れました。確かに、ずいぶんスッキリしたことは間違いありませんが、それとピッチングは別。右肩の具合はわかりませんし、記者たちも『球速まで10キロ落ちてるんじゃ‥‥』と疑心暗鬼です」(スポーツ紙記者)

 コーチたちは肉体改造した松坂の「今年こそは」の意気込みに目を丸くしているようだが、ネット上では「絞れるならなぜ最初の年から絞らなかったんだ」「今さらファンが納得すると思ってるのか?」「契約ラストイヤーだけ少し投げてまたドロボー契約を更新するつもりだろ」といった声が飛び交い、ファンの目は甘くないようだ。

「今さら7、8勝したぐらいでは誰も納得しないでしょう。少なくとも、今年もリハビリイヤーにならないよう腕がちぎれるまで投げること。そうじゃないと汚名返上とはいきませんね」(前出・スポーツ紙記者)

 かつての大スターが、再びファンの拍手を浴びる日が本当に来るのだろうか?

(佐々木たける)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
2
石田ゆり子「すっぴん」動画で指摘され始めた“奇跡の50歳”の限界
3
木下優樹菜、夫以外の若い男性との密着公開で「こんな奥さん無理」批判の嵐!
4
田中圭&武田玲奈「ボートレース」CM炎上も「指摘する人は欲求不満!?」の声
5
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”