スポーツ

ラグビー五郎丸歩、“世界では戦力外”でも「年収1位」にファンが絶句

20170214goroumaru

 ラグビーに興味のない人たちにとってはすっかり“あの人はいま”状態となっているラグビー日本代表の五郎丸歩。一昨年のワールドカップ後、アスリートとして近年稀に見る社会現象となった「五郎丸ポーズ」だったが、その後は主戦場を海外に移したこともあり、日本人があのポーズを見る機会はほとんどなくなっている。

「昨年2月からはスーパーラグビーのレッズ(豪州)に移籍。ところが、日本から参戦した5月のサンウルブズ戦で不用意なタックルを試みて肩を負傷。6月に出場するはずだった日本代表戦もアウトとなり、さらに直後にフランスリーグのRCトゥーロンへの移籍が決まるなど、日本ラグビー界から遠ざかっていきました。しかも、レッズでもトゥーロンでも出場機会にはあまり恵まれていない。たまに出ても蹴らせてもらえない。ラグビーファンの間でも“過去の人”となりつつありますね」(スポーツサイト記者)

 ところがどっこい、先日発表された「世界のラグビー選手の年収ランキング」で、15年ワールドカップでニュージーランド代表(オールブラックス)を優勝に導いた司令塔、ダン・カーターと並んで、五郎丸が1位タイにランキングされたから驚きだ。

「サッカーでいえば、メッシやロナウドと本田圭佑が1位タイにランクされたと想像してください。金額は167万ユーロ(約2億200万円)。野球やサッカーやテニスなど、何十億円が飛び交う世界に慣れていると『たったそれだけか』と思う人もいるかもしれませんが、ラグビーで1億円プレイヤーは世界のひと握り。ましてや日本人ではこれまで皆無だったことを考えれば、五郎丸ポーズは金の成るポーズでしたね」(スポーツ専門誌記者)

 この報道に最も驚いているのは熱烈なラグビーファン。「オールブラックスのスターと同じなのはおかしい」「フランスリーグがリッチとはいえ、試合出てない五郎丸が1人勝ちとは‥‥」「もう単なるCMタレントだろ」と、昨年からのふがいないプレーも相まって手厳しい声がネットなどでも書き込まれている。

「実際、いま日本に戻ってきても実力的に代表に選ばれるかどうかボーダーラインと言われています。プラスになるとしたら集客力だけと揶揄されていますから、ラガーマン五郎丸としては年収1位でバンザイできる状況にはないと思いますよ」(前出・スポーツサイト記者)

 とはいえ、日本人が世界的にはメジャーとも言えるスポーツで1位の稼ぎ。青少年に少なからず夢を与えたのは間違いないはずだ。

(佐々木たける)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
奇跡の縦スジが!?新垣結衣「開脚アクシデント」にファン大興奮
2
櫻井翔、「嵐にしやがれ」新企画で懸念される肉体の“激ヤバ変化”!
3
内田理央、「おっさんずラブ」で見せた同性から嫌われない“パセリ女優力”
4
6年間で3安打、木口亜矢の年下夫がオリックスを解雇されるも「あまりに妥当」
5
カンヌも総勃ち!?「万引き家族」松岡茉優の“胸出し”シーンが絶賛の嵐