芸能

篠原涼子 年上夫・市村正親とごぶさた気味で欲求不満の肉声

20170302l

 まさに女盛りを迎えている篠原涼子(43)は、やはり何事にも旺盛である。酒場での様子に耳を傾けると、何とも艶っぽい肉声が聞こえてきた。

 実は最近、篠原が都心のバーに出没し、夜な夜な「飲んだくれている姿」が目撃されている。

 事情を知る広告代理店関係者が語る。

「同行者は仕事の関係者や同性の友人で、西麻布や白金といった有名人も集うハイソな街のシャレたバーで飲むことが多いようです。それが、酔いも進むと、夫との“夜の生活”の不満をぶちまけている。要はごぶさた気味で、ストレスがたまっているらしいのです」

 夫の市村正親(68)とは24歳差ながら、おしどり夫婦として有名である。市村が14年に胃ガンを患ったり、15年に右膝の半月板損傷で手術をしたりした際も、篠原が献身的に支え、その後の復帰を後押しした。

 ところが、酒席で酔っ払った篠原は、

「不倫した~い」

 とまで口にし、まるで“新たなお相手”を物色しているかのようだというのだ。

 思えば篠原は、16年4月にも、ドラマ「オトナ女子」(フジテレビ系)で共演した江口洋介(49)とのW不倫デート疑惑が「女性セブン」に報じられている。

 しかし、そんなことがあっても警戒を強めるどころか、いまだに飲み歩きをやめていない。よっぽど欲求不満が高まっているのだろうか。

「そもそも篠原といえば、既婚者の市村と交際し、不倫略奪婚までこぎつけた“肉食女子”ですよ。おまけに下着CMで見せる柔らかそうな胸の谷間や、子供を2人産んだとは思えない完璧なボディラインはまさに熟れ頃。カラダがウズいて不倫願望を漏らすのも、さもありなんといった話です」(スポーツ紙芸能デスク)

「三十させごろ、四十しごろ」とはよく言ったものだが、性欲がピークに達する40代女性にとって、夫とのセックスレスは重大な問題と言えよう。とはいえ、市村に同情的な声も出ている。

「超売れっ子の市村は現在、連ドラ『嘘の戦争』(フジ系)に出演中で、今後も映画が1本、舞台が3本決まっています。2月初旬に都内で行われたイベントに出席し『来年は古希だけにコキコキ頑張ります』と軽口を叩いていましたが、大病から復帰して間もなく、“夫婦生活”に回す体力が残らないのも当然でしょう。年齢的にも、欲求の衰えだって考慮してあげないと‥‥」(前出・スポーツ紙芸能デスク)

 悶々とした篠原の現状から、複数のゴシップ誌が不倫スクープを狙ってスタンバイしているという。

 そんな不穏な私生活とは裏腹に、結婚後はセーブ気味だった篠原の仕事量がここへ来て急増している、とキー局スタッフが語る。「年明けにはスペシャルドラマ『愛を乞う人』(日本テレビ系)に主演。さらに、ここ10年はまったくと言っていいほど出演していなかったバラエティ番組にも顔を出し、女優としてブレイクする前の過去を知っているため共演NGと言われてきた、小室哲哉(58)や今田耕司(50)とも再会を果たしています」

 驚くべきことに、今田と共演した「アナザースカイ」(日テレ系)では、篠原最大のタブーとされていた「東京パフォーマンスドール」時代の話にも触れている。

「大胆な方針転換は、人気回復のための新戦略でしょう。クールビューティ路線で確固たる地位を築いた篠原ですが、最近は主演ドラマの視聴率が低空飛行。ライバルの米倉涼子(41)に押され気味ですからね」(前出・キー局スタッフ)

 こうした軌道修正は活動の間口を広げ、パフォーマンスドール時代の後輩で、不仲がささやかれる仲間由紀恵(37)との共演という“ウルトラC”の可能性まで期待される。芸能評論家の張本茂雄氏はこうも言う。

「顔が広く先輩後輩問わず慕われる今田との共演は、“今田ルート”での男あさりスタートの予感があります。かつての“ごっつファミリー”もしくは今田本人と、ベッキー以上の炎上覚悟となる不倫劇を妄想したいですね」

 公私ともにひと波乱ありそうな篠原から目が離せそうにない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!
2
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「蚊?」「もう夏じゃない!」…TBS宇垣美里、“公然キスマーク”にネット民大混乱
5
大好評「激レアさんを連れてきた。」に“打ち切りの危機”が囁かれる深刻理由