女子アナ

忽然と消えた女子アナたちはいま!(2)細貝沙羅は下手すぎて人事部異動、龍円愛梨は小池百合子塾に…

20170301joshianab

 80年代以降、すべての「女子アナ」はマスコミに狙われる対象に。記憶に残るあの醜聞は、彼女たちの運命を激変させた。

小宮悦子(テレビ朝日、81年入社)代表番組「ニュースステーション」

 85年スタートのNステで絶大な人気を得たが、既婚の身で男性スタッフ宅からの朝帰りが発覚。現在は緩やかに活動を再開している。

小林悠(TBS、10年入社)「朝ズバッ!」

 ハーフアナとして目立っていたが、昨年2月に実業家とのデートを報道され、精神的に不安定になったとして3月4日付で依願退職。

木場弘子(TBS、87年入社)「JNNニュースコープ」

 TBSを退社後、内閣府の「規制改革会議」の委員などに名をつらね、原発礼賛のタイアップ記事に登場したワースト1位に認定。

松尾翠(フジテレビ、06年入社)「めざにゅ~」

 入社早々、大学時代の不貞メールが発覚するトラブルに見舞われたが、13年に福永祐一騎手とのデキ婚でフジを辞め、京都に移住した。

河野明子(テレビ朝日、01年入社)「報道ステーション」

「報ステ」担当時は、22歳年上の番組統括プロデューサーとの同棲で物議を醸した。その後、中日の井端弘和(現・巨人コーチ)と結婚し、11年に出産。

畑恵(NHK、84年入局)「夜7時のニュース」

 最年少で7時のニュースを担当した才媛で、95年には参議院議員に初当選。船田元衆議院議員との政界不貞⇒略奪婚は批判を浴びた。

福島敦子(NHK、88年契約)「サンデースポーツ」

 CBCからNHKの契約アナとなり、その翌年には番組ディレクターとの不貞が発覚。さらに93年にも番組スタッフとの不貞に発展。

細貝沙羅(フジテレビ、10年入社)「FNNスーパーニュース」

 ミス日本やミス慶應の候補になるほどのビジュアルだったが「あまりにもアナウンス技術が低い」との理由で、昨年6月に人事部に異動。

馬場典子(日本テレビ、97年入社)「ZIP!」

 12年に週刊文春で「横領疑惑」や「二股」が報じられ、担当番組を次々と降板。14年の6月末で日テレ退社に追い込まれた。

龍円愛梨(テレビ朝日、99年入社)「朝いち!!やじうま」

 過去に艶系の店で働いていたと報じた雑誌を提訴し、770万円の損害賠償を勝ち取る。その後、社会部記者を経て11年に退社。昨年10月には小池百合子の政治塾にも参加した。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
4
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
5
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”