女子アナ

忽然と消えた女子アナたちはいま!(2)細貝沙羅は下手すぎて人事部異動、龍円愛梨は小池百合子塾に…

20170301joshianab

 80年代以降、すべての「女子アナ」はマスコミに狙われる対象に。記憶に残るあの醜聞は、彼女たちの運命を激変させた。

小宮悦子(テレビ朝日、81年入社)代表番組「ニュースステーション」

 85年スタートのNステで絶大な人気を得たが、既婚の身で男性スタッフ宅からの朝帰りが発覚。現在は緩やかに活動を再開している。

小林悠(TBS、10年入社)「朝ズバッ!」

 ハーフアナとして目立っていたが、昨年2月に実業家とのデートを報道され、精神的に不安定になったとして3月4日付で依願退職。

木場弘子(TBS、87年入社)「JNNニュースコープ」

 TBSを退社後、内閣府の「規制改革会議」の委員などに名をつらね、原発礼賛のタイアップ記事に登場したワースト1位に認定。

松尾翠(フジテレビ、06年入社)「めざにゅ~」

 入社早々、大学時代の不貞メールが発覚するトラブルに見舞われたが、13年に福永祐一騎手とのデキ婚でフジを辞め、京都に移住した。

河野明子(テレビ朝日、01年入社)「報道ステーション」

「報ステ」担当時は、22歳年上の番組統括プロデューサーとの同棲で物議を醸した。その後、中日の井端弘和(現・巨人コーチ)と結婚し、11年に出産。

畑恵(NHK、84年入局)「夜7時のニュース」

 最年少で7時のニュースを担当した才媛で、95年には参議院議員に初当選。船田元衆議院議員との政界不貞⇒略奪婚は批判を浴びた。

福島敦子(NHK、88年契約)「サンデースポーツ」

 CBCからNHKの契約アナとなり、その翌年には番組ディレクターとの不貞が発覚。さらに93年にも番組スタッフとの不貞に発展。

細貝沙羅(フジテレビ、10年入社)「FNNスーパーニュース」

 ミス日本やミス慶應の候補になるほどのビジュアルだったが「あまりにもアナウンス技術が低い」との理由で、昨年6月に人事部に異動。

馬場典子(日本テレビ、97年入社)「ZIP!」

 12年に週刊文春で「横領疑惑」や「二股」が報じられ、担当番組を次々と降板。14年の6月末で日テレ退社に追い込まれた。

龍円愛梨(テレビ朝日、99年入社)「朝いち!!やじうま」

 過去に艶系の店で働いていたと報じた雑誌を提訴し、770万円の損害賠償を勝ち取る。その後、社会部記者を経て11年に退社。昨年10月には小池百合子の政治塾にも参加した。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像
2
熊田曜子だけじゃない!?「大人の夜の玩具」を愛用する女性芸能人とは?
3
太川陽介に不要論も!?テレ東「旅番組」新企画の気になる評判
4
神田愛花、「水バラ」名物お風呂シーン“NG”に上がった大ブーイング!
5
フジ渡邊渚、G…いやHカップ!?ニットバストで「デカすぎ!」の衝撃