芸能

水谷豊 打ち上げで静かな恫喝?「“次期相棒”候補に稲垣吾郎」報道に激怒

 水谷豊(64)が主演を務めるテレビ朝日系人気ドラマ「相棒」の最新シリーズの打ち上げが3月上旬に都内で行われた。その模様は、水谷のスピーチで和やかなムードに包まれたとも報じられたが、実際にはピリピリとした空気が漂ったというのである。

 言わずと知れた「相棒」は、02年10月から連続ドラマ化されると人気に火がつき、劇場版も次々と公開されているドラマシリーズだ。昨年10月から今年3月まで放送されたシリーズ最新作「相棒 season15」も好調で、3月22日に放送された最終回SPは平均視聴率16.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。

 同ドラマといえば、水谷演じる杉下右京の“相棒”がシリーズを重ねるごとに交代することでも知られており、今シリーズ放送中にも、現在の“4代目相棒”を演じる反町隆史(43)の降板が取りざたされ、後任の名前とあわせて報じられもした。そうした中、シリーズの撮影が終了し、打ち上げが行われたのである。

 その席で壇上に立った水谷が、

「次の相棒は稲垣吾郎さん(43)らしいです」

 とジョークを飛ばしたことも、「女性自身」に報じられた。

 記事では、反町の続投も発表され、会場は盛り上がったと伝えているが、テレ朝のドラマスタッフはこう明かす。

「水谷さんは『相棒』絡みの記事を気にするので、発言はそうした報道があったことをヤユしてのものではありますが、実は『僕も知らないところでキャスティングが水面下で進んでいるなんて本当に驚きました』とも口にしていたんです。暗に“何で俺が知らないところで勝手にキャスティングの話が出ているんだ! 俺をナメているのか!”とスタッフに対して不快感をあらわにして静かな恫喝をしたわけです。この発言に打ち上げ現場は凍りつき、お世辞にも和やかな雰囲気ではなかったですね」

 今やテレ朝にとって“看板商品”の一つにもなっている「相棒」だけに、主演の水谷の影響力は年々増大しているようだ。

「“初代相棒”の寺脇康文さん(55)は、単発ドラマ時代から8年間にわたって共演しました。そもそも寺脇さんが続投していれば“相棒の交代”という習慣はなかったでしょうが、寺脇さんが降板したのは、水谷さんとの不仲説だと言われます。まさに水谷さんは絶対的存在になり、そうした威光が行使される事例も生まれてしまった。さすがに水谷さんが直接的に『アイツを降板させろ』とは言わないでしょうが、少なくとも周囲は水谷さんの発言に過敏になっていますからね」(前出・テレ朝スタッフ)

「相棒」シリーズが続くかぎり、共演者を巡るスピンオフドラマが続きそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旅サラダ」の宿命!神田正輝9月降板で「次のターゲット」はいよいよ勝俣州和
2
巨人・阿部監督が不満ブチまけ!「門脇誠より新外国人モンテス」正遊撃手争いの厳しい現実
3
藤浪晋太郎が乱入!阪神エース・才木浩人のインスタライブで岡田彰布監督をイジリ倒した
4
新庄剛志監督の期待値が下がる日本ハム・清宮幸太郎の今オフ「トレードか現役ドラフト」移籍話
5
阿部監督の苦悩…巨人・新外国人モンテスの快音デビューをかき消す2軍投手陣「連続炎上事件」