スポーツ

俺が本当に脱がせたい“スポーツ美女”!(3)芸能美女にも引けをとらない畠山愛理の美貌

 10位以下も、粒ぞろいのトップアスリートが選出された。12位にはアイドル的ルックスの格闘家・RENA(25)が登場。

「あの美脚に見とれているうちに、腕十字固めでオトされたい」(46歳、精密機械)

 織田氏も後押し。

「試合のコスチュームも上半身は水着調で、毎回いけない妄想をかきたてられます。かつて試合中に『薄ピンク色のものが見えた!』と大騒ぎになったが、はたして本物だったのかどうか」

 潔く白黒、いや桃色決着をつけるべき!

 13位には、昨年のリオ五輪の新体操キャプテンを務めた畠山愛理(22)に票が集まった。

「リオを最後に現役引退したが、あの美貌はヌードにして後世のメンバーに伝えるべき」(68歳、建設業)

 尾谷氏も賛同する。

「スタイル抜群なのは言うまでもないが、アイドル級の顔面ビジュアルでもズバ抜けている。こん棒やボールなどを駆使した選手時代の経験を生かし、写真集でも棒を握ったり、タマをコロコロ転がすヌードを出せば大ヒット間違いなし」(前出・尾谷氏)

 意外なところでは、昨年16年ぶりに女性ジョッキーとしてデビューした藤田菜七子(19)。大外一気に17位まで、まくり上げた。

「あのはにかんだ笑顔が魅力。勝負服以外が想像できないだけに、写真集が待ち遠しい」(51歳、自営業)

 JRAの紅一点として注目度はズバ抜けている。

「清純女優でも太刀打ちできないピュアさは、厳しい競馬学校で培われた。処女率100%間違いなし。乗馬による揺れに敏感な腰遣いを、ナマで確認したい」(前出・織田氏)

 昨年は女性ジョッキーとして最速で重賞制覇しただけに、2年目でGI制覇の暁には写真集発売もあるか。高倉氏が断じる。

「昔と違い、現役時代から芸能事務所とマネージメント契約を結んでいる選手も多く、協会を窓口にしていた時代より垣根が低くなった。かつて浅尾美和(31)がグラビア展開したことにより、ビーチバレーの認知度を破壊的に押し上げたが、PRになれば写真集などオファーが通りやすい。今後アスリートの肩書を生かして、タレント活動をする動きは増えていくでしょう」

 門戸はグイっと開かれた。いでよ、現役ヌードアスリート!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
習近平が金正恩に重大警告!北朝鮮「地下核実験」がもらたす「不気味な奇病」と「白頭山大噴火」
2
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
3
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
4
「体の関係だけの女がいても…」サッカー田中碧と交際する鈴木愛理の大胆思考は「アリかナシか」
5
サッカー超辛口批評の闘莉王がシリア戦代表メンバーを「手のひら返しのベタ褒め」大異変