芸能

忘れがたき「昭和のいい女」を一斉追跡!<直撃6・やや(夜霧のハウスマヌカン)>

 バブル景気に向かっていた86年、これまでにない奇妙な歌がヒットする。やや(57)の「夜霧のハウスマヌカン」は、時代を表した一曲だった。

 郷ひろみの大ファンで、正統派のアイドル歌手になることが夢だった。歌手志望の登竜門だった「スター誕生!」(日本テレビ系)の予選を受けたこともある。

「250点が合格ラインで、私は245点だったんです。それでも、審査員の三木たかし先生が『今は何とも言えないけど、もう一度聴きたい』と言ってくださったことが支えになりました」

 恵まれたルックスとプロポーションを生かし、モデルや女優として活動。転機が訪れたのは、クリエイターのいとうせいこう氏がプロデュースした「業界くん物語」というアルバムに参加してから。

「その中の1曲が『夜霧のハウスマヌカン』で、この歌に合う歌手を探していたんです。実はハイヒール・モモコさんも受けていらしたそうです」

 ハウスマヌカンとは、今は死語になってしまったが、ブティックの店員を指していた。服を買うためにシャケ弁当で済ますような悲哀を歌詞にしており、サウンドは「プログレッシブ演歌」と名付けた斬新なものだった。

「レコーディングの時に『前川清さん風に歌ってくれ』と指示されたんです。サウンドはロックだけど、サビが『く~う~う~る~う~』とうなっているのはそのためですね」

 アルバムの1曲がシングルカットされ、有線放送から火がついた。低音でハスキーな声は「男か? 女か? それともオカマ?」と論争にもなった。

「歌がヒットして、有線大賞の新人賞などもいただきました。同期には少年隊がいましたが、いつも『どこのマヌカン?』とからかわれましたね」

 それから4年後、各社競作となった「ランバダ」が再びヒット。CDは石井明美のほうが売れたが、有線チャートは、ややのほうが強かったという。ここでもまた「誰が歌っているの?」と、覆面歌手的な売り方が功を奏した。

 この2曲のヒットにより「バブル歌手」と呼ばれることも多かったと笑う。

 その後、両親や姉を立て続けに亡くし、甥にあたる姉の息子を未婚の身でありながら育て上げた。

「甥はプロゴルファーの小島慶太というんですけど、彼との日々は戦いでしたよ。彼のレッスンのために毎朝5時に起きてお弁当を作り、地方のホテルに行ってプレー費を払って‥‥。目指してから10年目に、ようやくプロになれてホッとしました」

 現在は自身のレーベル「ややレコード」を立ち上げ、新人発掘やライブ活動にも積極的である。

「5月26日には東京・王子の『ベースメントモンスター』というライブハウスでコンサートもやります。昭和というものがしみついた私の歌を、ぜひ聴きにいらしてくださいね」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
4
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
5
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”