スポーツ

天才テリー伊藤対談「権藤博」(4)解散しても選手の動向は気になる?

テリー 今後もWBCは継続するということなんですが、4年後の侍ジャパンに必要なことは何ですか?

権藤 やっぱり、これだけいい戦いができた一番の理由は日本の緻密さ。これは最大限に生かさなきゃいかんと思いますね。

テリー 具体的には?

権藤 まずピッチャーで言えば、微妙なコントロールでしょうか。ストライクを取れる技術はあるわけですから、これからもっと必要になるのは球の強弱。球種だけいくら増やしても、最終的なところで通用しないですよね。

テリー なるほど。

権藤 で、バッターにもやはり強弱が必要なんですよ。アメリカの重い球に振り負けしない「強」の部分を磨かないと。やっぱり青木のフリーバッティングは、ガツン! と来ますものね。メジャーのピッチャーの重い球に対応してきた結果だと思います。

テリー それはイチローも言っていましたね。彼、練習の時はホームランばっかり狙っていますから。

権藤 4年なんて長いようでアッという間ですから、シーズン中もきつい打球を打つように心がけることが大事ですね。それとピッチャーについては、この大会形式なら先発は4人で十分です。あとは中継ぎ、抑えの充実ですね。5回、6回までもっていけたのは、結局のところ菅野と千賀(滉大)だけですからね。

テリー 先ほどもおっしゃっていましたけど、WBCのマウンドって、やっぱり特別なんですねェ。

権藤 千賀なんて、イスラエル戦で「先発」と伝えたら「僕、もうヘトヘトですよ」って言いましたからね。「何を言っとるか!」って叱りましたけど(笑)。

テリー でも今回、千賀もよかったですよね。

権藤 ええ。実は今回、千賀は選抜から落とすつもりだったんですよ。

テリー ええっ、それはまた何で?

権藤 去年の秋に見た時、フォークボールが4メートル手前ぐらいでワンバウンドして、「こんなにコントロールの悪いピッチャーは使えんな」みたいなことを小久保監督と話していたんです。だけど、その4メートル手前のボールをバッターが空振りする。つまり、途中からボールが消えているということがわかって「これは大きな力になる」と、選抜に加えることになったんです。

テリー みごとな采配ですね。もう侍ジャパンは解散しましたけど、ここまで濃いつきあいをしてきたら、今シーズン、各選手の動向も気になるんじゃないですか?

権藤 そうですね。今まで自分のチームだけが大切で、スポーツ新聞なんて端から端まで読んだことなんてなかったんですけど、今や全12球団に1カ月一緒に生活してきた選手がいるじゃないですか。もう、名前が出ているだけであれこれ気になってしまって(笑)。

テリー ハハハ、その気持ち、わかりますよ。みんな自分のかわいい身内であり、戦友ですよね?

権藤 いやいや、そんな。年齢的には孫みたいなもんですからね。

テリー 例えば、菅野と筒香(嘉智)が対戦する時、権藤さんはどちらを応援するんですか?

権藤 ウーン、悩みますけど、一緒に戦って援護してくれた筒香にホームランを2本くらい打ってもらってちょっと花を持たせる感じで、最後に菅野が勝ってくれれば最高じゃないですか。やっぱり私、ピッチャーなものですから(笑)。

◆テリーからひと言

 色紙にサインをお願いしたら「もう最後になるな」と言いながら「侍ジャパン」と書いてくれた権藤さん。そんな寂しいこと言わず、これからもWBCのメンバーを見守って、励ましてあげてください。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大丈夫なの?「万引き家族」地上波放送に心配の声が殺到するワケ
2
「モヤさま」大江麻里子登場が際立たせる三村マサカズへの“キモイ!”酷評
3
フリー美女アナ闇の「肉体営業」テクニック(2)田中みな実の“宇垣美里対策”
4
欅坂46平手友梨奈、微笑ショット公開に「やっぱり笑顔が一番」ファンの歓声
5
フリー美女アナ闇の「肉体営業」テクニック(1)加藤綾子が狙う「新しい仕事」