芸能

これはウケ狙い!? 誤報連発のフジテレビが「デマ情報」の見分け方特集を放送

 これはある意味、斬新!? フジテレビが報じた特集が話題を集めている。

 話題になっているのは6月8日放送の同局朝の情報番組「とくダネ!」だ。同回では「拡散“フェイクニュース”の脅威」と題して、ネット上のデマ情報の見分け方を紹介する特集を放送。

 その見分け方というのは「タイトルが過激ではないか?」「信頼性のある出典かどうか?」など、4つほどポイントを紹介している。

 しかし、視聴者からは「これは自虐ネタかな」「フジテレビからは嘘情報の見分け方を教わるのもちょっとな(笑)」「自分たちが誤報を報じたのはなかったことにしてるの?」などといった声が上がるなど、フジテレビが今回の特集を放送していることについて失笑が巻き起こっている。

「フジテレビといえば、先月28日に放送された『ワイドナショー』で、ネット上のネタツイートを引用し、宮崎駿監督が実際には発言してはいない引退発言集を紹介。それを翌週の4日放送で謝罪し、レギュラーコメンテーターのダウンタウン・松本人志が『今度こういうことがあったらワイドナショーを降りようと思っている』と、遠回しにスタッフに緊張感を持つように伝えました。しかし、6日放送の『ノンストップ!』では、これまたネットのネタ画像に釣られて、人気の氷菓『ガリガリ君』(赤城乳業)で、『火星ヤシ味』という実在していない味を紹介するなど、ここ最近で最もネットの嘘情報に踊らされているのはフジですからね。今回の特集はネット監視を専門的に行っている企業の調査をもとに行っているもので、フジが独自にまとめたものではないですが、さすがに説得力はゼロですよね」(エンタメ誌ライター)

 とはいえ、こういった特集を組んだことである意味、自分たちへの戒めにはなったはず。次にまた同じことがあった時にはボロクソに言われるのは間違いないだけに、スタッフは責任をもって仕事に取り組んで欲しいものだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・渡会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」