芸能

オモロー山下だけじゃない「笑いからペンの世界に転身」芸人たちの才覚

「3の倍数と3のつく数字だけアホになる」で一世風靡した世界のナベアツこと、落語家・桂三度。彼が漫才師・ジャリズムだったころの元相方であるオモロー山下が、「女性自身」の記者に転身した。

 東京・目黒で経営しているうどん屋は続行しつつ、今後は新米記者として修業する。山下のように、芸人を廃業して裏方に回る元芸人は少なくないと、女性週刊誌の記者はいう。

「バナナマン、おぎやはぎ、東京03といった関東コント師のブレーンである構成作家のオークラさん。彼は元“細雪”というコンビ芸人でした。おぎはぎ、03と同じ人力舎所属でしたが、日村勇紀さんと出会って、みずからの才能に限界を感じて、書く側に回ったんです。同じく、ビビる大木さんがコンビ芸人“ビビる”だったころの元相方・大内登さんも、芸能界を引退。マネージャーに転身したあと、番組制作会社・ケイマックスに入社。ディレクターやプロデューサー職に就き、現在は他の制作会社の社長になったようです」

 元「カリカ」のマンボウやしろも、書く人間になった。脚本家、演出家として活動しながら、ラジオパーソナリティーも務めている。ちなみに元相方の林克治さんは芸能界を引退後、実家の旅館を手伝っていたが、のちに構成作家・鈴木おさむプロデュースの本格ちゃんこ鍋料理屋「ちゃんこ屋鈴木ちゃん」に勤務。現在は、東京・五反田で「スナックカリカ」を経営している。前出の記者が続ける。

「ものまね芸人・原口あきまささんの元相方である中村至誠さんも放送作家。原口さんは元“チャムズン”というコンビだったんです。かなり意外なところでは、勝俣州和さんの元相方・堀部圭亮さん。2人はCHA-CHAというアイドルユニットの解散後、『K2』というコンビを結成。解散後、堀部さんは俳優の道に進みましたが、竜泉のペンネームで構成作家もしています。2009年には、長編映画『悪夢のエレベーター』で初監督を務めました」

 元芸人の、才覚の発揮ぶりは、山下記者よりオモローイかも!?

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
3
夏目三久、水卜麻美・井上清華への意地!?強調すさまじい「Fカップ」対抗
4
テレビから消えた“あの女子アナ”を追え<日本テレビ>奔放すぎた葉山エレーヌはアナウンス室追放
5
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線