芸能

別の芸人が風評被害? デニス植野「二股醜聞」も世間は本人を認識できず!

 小者すぎて世間もピンとこない!?

 お笑いコンビ・デニスの植野行雄が、本命の彼女がいるにもかかわらず、井川遥似の美女と二股交際していたことを6月27日発売の「フラッシュ」が報じた。

「本命の彼女に二股がバレたことで、一方的に井川似の女性に別れを告げ、それにショックを受けた井川似の女性が週刊誌に情報を流したことで発覚したというのが経緯のようです」(芸能記者)

 昨年の狩野英孝から始まり、千鳥の大悟、東京03・豊本明長、トータルテンボス・大村朋宏と芸人の女性関係スキャンダルが相次いでいるため、またか…というのが世間の本音のようだ。

 しかし、今回に関しては前述の芸人たちと比べてデニス自体がそれほど売れている芸人ではないこともあって、ちょっとした勘違いが生まれているようだ。

「植野は、名前は完全に日本人ですが、ブラジル人を父に持つハーフで、英語を話せそうな風貌ながら英語をまったく話すことができないというギャップがある芸人と紹介されることが多い。そのため今回の報道でも当然そういったプロフィールが紹介されているのですが、植野をしっかり認識しているものが少なく、同じハーフ芸人つながりでバラエティ番組出演が急増中のマテンロウのアントニーと勘違いしている人が多いようです」(エンタメ誌ライター)

 アントニーは日本とアメリカのハーフで、生まれも育ちも東京の板橋区。植野同様に英語を話すことができない。

「そんな共通点があるために、植野の写真を確認していない人はアントニーが二股をしたと思い込んでしまっている。しかもまずいのがこのニュース自体にそこまで関心を持っている人がいないので、アントニーのツイッターが炎上しているという現象も見られていません。ネット掲示板でネタにされるぐらいで大した話題にもならず、アントニーが女遊びしたんだということですんなり処理されてしまっているところ。アントニー自身も自分が植野と勘違いされていることを気付いていない可能性すらある」(前出・エンタメ誌ライター)

 植野としてはラッキーで、アントニーにとってはとんだ風評被害を受ける結果となってしまったようだ。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「おかあさんといっしょ」上原りさの「卒業」でパパたちの楽しみが消滅!?
2
高橋真麻、視聴者が絶賛した「ZOZO前澤氏ツイッター休止」への痛烈指摘!
3
清水富美加と結婚させられそうになった!?大川隆法長男「独白」報道の衝撃
4
ダレノガレ明美「ドナー登録呼びかけ」への批判が“特に厳しかった”理由
5
池江璃花子「白血病パニック」のドミノ倒し波紋(1)そっけなく「頑張りなさい」