芸能

「吉岡里帆vs長澤まさみ」新旧グラマラス女優のバスト合戦(3)長瀬智也が吉岡里帆の封印を破る?

 先にも触れたが、女優として芽が出る前、吉岡にセパレート型の水着を着た鮮烈グラビアの下積み時代があったことは有名だ。当時を知る関係者が回想する。

「撮影前に現場入りするふだん着があまりにも地味で女優オーラは感じられなかった。キャピキャピしているわけでもなく、静かで礼儀正しい子でした。ところが、いざ撮影開始となり水着姿となると、推定Eカップのバストはまばゆいばかりに輝いていた。朝ドラの出演で一気に人気が出たあとは女優としてオファーが殺到し、もはやグラビアの水着仕事は封印してしまった。実にもったいない」

 実際、ブレイク後は昨年秋のドラマ「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」(TBS系)で競泳水着姿を披露した程度で、グラビア仕事からは完全撤退してしまった。

 しかし、この封印を打ち破ってくれそうなのが主演を務める長瀬の怪演だという。

「ジャニーズの中では無頼派に見える長瀬ですが、実はおっぱい好きとして知られています。今回の吉岡との共演も『おっぱい、キター』と大歓迎で、撮影に臨んでいます。しかも、長瀬にとって19年ぶりとなる恋愛ドラマだけに、かなり気合いが入っている。ドラマのクライマックスにはラブシーンも用意されていますが、ここまで入れ込まれては、ヒロイン役として吉岡も期待に応える熱演を見せてくれるはずです」(ドラマスタッフ)

 初回の乳揺れだけでなく「ごめん、パイしてる」という名場面が生まれれば、一躍夏のヒロインに上り詰めるのは間違いないだろう。

 直接的なシーンで言えば、現時点では20代上り坂の吉岡が一歩リードといったようにも見えるが、秋本氏は長澤にエールを送る。

「濡れ場に関しては控えめな作品かもしれませんが、三十路にしか出せない色香を漂わせている。長澤にはまだまだ大人のエロス追求に挑んでほしいものです」

 はたして、たわわな真夏の果実を揺らし続け、より男の淫らな妄想をかきたてるのはどっちだ!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
2
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
3
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
4
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
5
メジャー戦力外の上沢直之にバブル到来!「アメリカでプレー続行」困難で日本球界の獲得マネーゲームが始まる