芸能

小泉今日子「今秋主演ドラマ」の女優陣が何だか艶っぽい「なるほど!」なワケ

 女優・小泉今日子が、今秋スタート「監獄のお姫さま」(TBS系)に主演することが明らかになったのは7月25日。

「脚本は宮藤官九郎。ドラマで小泉と仕事をするのは、13年のNHK朝ドラ『あまちゃん』以来です。今回のドラマは女子刑務所を舞台にした“おばちゃん犯罪エンターテインメント”と報じられていて、小泉がTBSのドラマに出るのは16年ぶりとのことですが、放送時間が昨年ヒットした『逃げるは恥だが役に立つ』や好発進している放送中の『カンナさーん!』などの“火曜10時枠。まさに鳴り物入りなんです」(テレビ誌記者)

 さらに脇を固めるのが、満島ひかり、菅野美穂、夏帆、坂井真紀、森下愛子といった豪華女優陣。その顔ぶれを見て、宮藤氏の脚本に多く見られる、どちらかといえば、コミカルな味わいとは別の印象を持った、と言うのは、さる映画ライターだ。彼が話す。

「皆さん、過去に出演した映画で激しい濡れ場を演じているんです。菅野さんは『さくらん』で遊女役を演じて着物姿での騎乗位。満島さんは『愛のむきだし』(09年)での自分で慰める場面が有名だし、公開中の『海辺の生と死』水ごりシーンでバストトップを初見せしている。夏帆は『ピンクとグレー』(16年)で脚を突き上げての深突き、坂井さんも『ノン子36歳(家事手伝い)』(08年)で胸の先端を立てて男女の営みを、森下さんは『サード』(78年)での裸の乳房に汗が垂れるシーンは、もはや伝説です。配役を見ただけで、むせ返るような艶っぽさを感じます。刑務所が舞台というのも『女囚さそり』をホウフツとさせますね」

 そして、実は、主演の小泉も艶技では負けてはいなかった。「風花」(01年)で夜のサロン嬢役を演じきっていたのだ。

 もとより激しい濡れ場を経験しているということは、それだけ女優として、実力があるという証拠。クドカン脚本なのに、ドラマがスタートして数字が芳しくなければ、艶シーンでテコ入れするかも、というヨコシマな期待も持ちながら、注目していきたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、Gバストがくっついたり離れたり!弟・神葉に羨望の声が出た密着映像
2
アンゴラ村長、“バスト進化”金髪&ダイエット変身が大反響!
3
マッパ演技も昨年解禁!「ファイトソング」で注目された“巨大バスト女優の正体”
4
本田真凜に「大人のオンナ」指摘…宇野昌磨との関係も納得の“経験済み”進化
5
「大人の女性」も強調!?松井珠理奈、バス旅での“匂わせ”に視聴者大盛り上がり