芸能

小泉今日子「今秋主演ドラマ」の女優陣が何だか艶っぽい「なるほど!」なワケ

 女優・小泉今日子が、今秋スタート「監獄のお姫さま」(TBS系)に主演することが明らかになったのは7月25日。

「脚本は宮藤官九郎。ドラマで小泉と仕事をするのは、13年のNHK朝ドラ『あまちゃん』以来です。今回のドラマは女子刑務所を舞台にした“おばちゃん犯罪エンターテインメント”と報じられていて、小泉がTBSのドラマに出るのは16年ぶりとのことですが、放送時間が昨年ヒットした『逃げるは恥だが役に立つ』や好発進している放送中の『カンナさーん!』などの“火曜10時枠。まさに鳴り物入りなんです」(テレビ誌記者)

 さらに脇を固めるのが、満島ひかり、菅野美穂、夏帆、坂井真紀、森下愛子といった豪華女優陣。その顔ぶれを見て、宮藤氏の脚本に多く見られる、どちらかといえば、コミカルな味わいとは別の印象を持った、と言うのは、さる映画ライターだ。彼が話す。

「皆さん、過去に出演した映画で激しい濡れ場を演じているんです。菅野さんは『さくらん』で遊女役を演じて着物姿での騎乗位。満島さんは『愛のむきだし』(09年)での自分で慰める場面が有名だし、公開中の『海辺の生と死』水ごりシーンでバストトップを初見せしている。夏帆は『ピンクとグレー』(16年)で脚を突き上げての深突き、坂井さんも『ノン子36歳(家事手伝い)』(08年)で胸の先端を立てて男女の営みを、森下さんは『サード』(78年)での裸の乳房に汗が垂れるシーンは、もはや伝説です。配役を見ただけで、むせ返るような艶っぽさを感じます。刑務所が舞台というのも『女囚さそり』をホウフツとさせますね」

 そして、実は、主演の小泉も艶技では負けてはいなかった。「風花」(01年)で夜のサロン嬢役を演じきっていたのだ。

 もとより激しい濡れ場を経験しているということは、それだけ女優として、実力があるという証拠。クドカン脚本なのに、ドラマがスタートして数字が芳しくなければ、艶シーンでテコ入れするかも、というヨコシマな期待も持ちながら、注目していきたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
2
てんちむ、“秘部から液体吹き”についても明かした「ハンパない動画」過激度!
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
石川秀美が松本伊代を圧倒!56歳「バストは現役バリバリ」奇跡の膨らみ
5
「関係を持った女性芸能人は…」M-1芸人の衝撃告白に「スゲェ!」驚愕