芸能

仲間由紀恵 夫・田中哲司の不貞騒動沈静化でも「離婚大合唱」拡散

 仲間由紀恵(37)の夫、俳優・田中哲司(51)のゲス不貞が発覚したのは、今年6月の写真週刊誌の報道だった。変装した田中が、仲間の留守中にアラフォーのカリスマ美容師の自宅マンションに通う姿が激写されたのだ。

 ところが、この騒動に仲間サイドは沈黙を続けている。てっきり結婚3年目のなんとやらを許すのかと思いきや、周囲からは「離婚しろ!」の大合唱なのだった。スポーツ紙記者が話す。

「不貞行為発覚後、仲間側も田中側もコメントを出しませんでしたが、6日後になって、田中がマスコミに謝罪のコメントを寄せ、妻に頭を下げたことを明かした。それで収束するかと思いきや、仲間サイドからは『年内に離婚』の声が聞こえてきています」

 14年9月、仲間は所属事務所の反対を押し切って田中と結婚した。芸能デスクが解説する。

「所属事務所は、13歳の年の差や収入格差に加え、田中がモテることを心配していた(苦笑)。ほら見たことか、という怒りのムードでいっぱいです。社長と担当マネージャーは仲間が15歳で沖縄から上京してきて以来、つきっきりで育ててきた。それこそ箱入り娘のようでした。田中に対して、過去の交際を清算するように迫ったなんて話も流れるほど、慎重でした」

 交際期間は6年にも上り、結婚への道のりが厳しかったことがうかがえる。前出の芸能デスクが続ける。

「仲間がホレて、子供が欲しいと願う仲間の年齢もあって、陰の仲人と呼ばれた泉ピン子(69)が一肌脱いだ。所属事務所の社長と若い頃から信頼関係が厚かったので頼み込んであげたんです。そのためピン子は、『せっかくまとめてあげたのに、裏切られたわよ!』と、怒り心頭です」

 ただ仲間自身が離婚に踏み切れないでいるのが現状のようで、

「2人は妊活中だったので、親しい知人に『ストレスを与えちゃったかな』と気遣いも見せていたそうです」(前出・スポーツ紙記者)

 今後について、芸能ジャーナリストの佐々木博之氏が話す。

「彼女って、NHK紅白歌合戦の司会を務めるほどの国民的女優でありながら、スタッフにも分け隔てなく接してくれる。ドロドロとした浮気騒動なんて似合わないし、『謝ってくれているんだから』と、あっさりと許しちゃいそうなところもある。でも最後は世話になってきた周囲の言葉に押し切られてしまいそうです」

 すでに薬指から結婚指輪を外しているとも言われる仲間の決断は‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由