芸能

上原多香子「演出家恋人」の芸人時代の所属事務所とのネガティブな「縁」!

 今井絵理子衆院議員に女優・上原多香子と元SPEEDメンバーの不貞が世間を騒がせている。ここで気になるのが上原の現在の彼氏だ。写真誌がスクープしたことによって明らかになった、その人は演出家のコウカズヤ。彼は元芸人であることはあまり知られていない。

「5人ユニット(現在は6人)の超新塾の元メンバーだったコウカズヤは『DRAGONタカヤマ』の芸名で、10年ほど活動していました。長身が特徴でしたが、かなりおとなしく、前に出るタイプではありませんでした。2011年に脱退し、その2年後、東京の小劇場を中心に上演を行う『TEAM BUZZ』という演劇ユニットを発足。現在は『BuzzFestTheater』という劇団名になり、作・演出を担っています。上原のために書き下ろした新作『光と影からの恵み』を機に、交際に発展。元二流芸人が元トップアイドルをゲットした時、業界関係者は声をそろえて、『またナベプロ(ワタナベエンターテインメント)か…』と漏らしたもんです」(女性週刊誌の取材ライター)

 ナベプロは2017年上半期、サンシャイン池崎、平野ノラ、ブルゾンちえみなど多くのブレイク芸人を輩出している。さかのぼれば、SM女王様のコスプレだったにしおかすみこ、「あったかいんだからぁ~」の歌フレーズが一世風靡したクマムシも、ナベプロだ。先の取材ライターは続ける。

「良くも悪くも、瞬間風速が強すぎるのがナベプロ芸人の特徴(笑)。サンシャインもノラもブルゾンも、まもなく賞味期限が切れるでしょうが、そんな矢先に、元所属芸人がネガティブな情報に巻き込まれる形でメディアをにぎわせたのは、ヘンな縁でした」

 元SPEEDが引き起こした負の「スパイラル」と、ナベプロ芸人の瞬間的な「上昇気流」。何やら似たようなものを感じてしまう。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
5
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声