政治

「政務活動費」のネコババ実態を全国ローラー告発する(1)「三文判で領収書を偽造」

 政務活動費のネコババ疑惑で、あの神戸市議が“SPEED辞職”。辞表を「郵送」するとは笑止千万だが、全国にはヒジョーシキな政治家がゴロゴロいる。バカ高い議員報酬をもらっておきながら、「第二の給料」でやりたい放題。庶民が汗水流して納めた血税を食い潰す、ハイエナ議員をローラー告発する。

〈私が議員を続けることによって、これ以上、議会の混乱を招いたり、市民の皆様にご迷惑をおかけするべきではないと、三日間熟慮を重ねた結果、この際、自ら議員の職を辞したいと考えるに至りました〉

 8月28日、「ハシケン」こと橋本健元神戸市議(37)が謝罪文を発表し、その翌日には議長宛てに速達郵便で辞職願を送った。

「週刊新潮」の立て続けのスクープで、自民党の今井絵理子参院議員(33)との不貞疑惑が暴かれると、有権者の信頼を取り戻す間もなく、今度は市政報告のチラシを印刷業者に「架空発注」した疑惑が浮上。政務活動費(以下、政活費)約720万円を不正受給していたと報じられた。

「辞職が決まっても、まだ幕引きとはならないようです。実は、神戸市議会では政活費不正流用事件で他に3市議が8月に辞表を提出。橋本氏で4人目なんです。神戸市民の不信感を払拭するため、他の議員からは久元喜造市長(63)に対して、橋本市議を刑事告訴すべきだとの声が上がっています」(地元紙記者)

 神戸市のずさんな政活費不正流用は、氷山の一角だった。全国の地方議員をローラー調査したところ、埼玉では「第二のハシケン」騒ぎに揺れていた。

 渦中の人物は、自民党県議団に所属していた沢田力元県議(49)。11年に当選した2期目で、その手口はハシケンと似ている。

 沢田氏はチラシの配布代として、11年から16年まで、政活費計約545万円を不正受給。さらに、都内の印刷会社にチラシ製作代として支払った領収書を偽造して、約700万円を懐に入れた疑いも持たれているのだ。沢田氏の不正行為を見抜いた、「狭山市民オンブズマン」の田中寿夫代表幹事がこう説明する。

「最初に疑ったのはゴム印の違いです。会社の領収書は社名の入った角印が押してあるのですが、沢田氏が提出した領収書の中には、角印ではなく個人の三文判が押してあるものが見つかりました。さらに決定的だったのは、領収書と本人の筆跡がまるっきり同じだったこと。それでチラシを印刷した会社を訪ねて聞いてみたところ、同社が発行したという領収書11枚のうち、8枚は発行していなかったことがわかり、偽造だと判明したのです」

 自民党県議団の聞き取りで、「白紙の領収書に金額や氏名を書いた」と認め、7月中旬に辞職した沢田氏とはどんな人物だったのか。地元の近隣住民はこう話す。

「実家は大宮駅から徒歩5分ほどの場所にあり、約100坪の敷地に2階建の店舗兼住宅を構えた『納豆屋』でした。のちに大宮の開発一等地となり、5階建のビルにして学習塾などテナント運営を始めたのですが、ガラガラだった。中学時代はガリ勉で球技は苦手なタイプ。友達も少なくて、人を信用しない雰囲気がありましたね」

 早稲田大学を卒業後、三菱商事に就職。その後、さいたま市議を3期務めてから県議になるなど、着々とステップアップしていた。

「市議選に出た時から金にはだらしなかった。後援会絡みの飲み会では、沢田氏が会計を支払う予定だったのに、いつの間にか帰っていたんです。出身の三菱商事についても『ろくでもない会社』とバカにすることも。県議になってからは自民党に所属していながら、同選挙区で民進党の枝野幸男元官房長官(53)と距離が近くて、自民党の中では浮いていました」(埼玉県政関係者)

 沢田氏がダマし取ったと見られる総額は1200万円以上に上る。詐欺罪で刑事告発された今、さらなる追及が待たれる。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”
2
「麒麟がくる」出演者の「バスト見せ&元気な下半身」が話題沸騰!
3
今田美桜、「女子高生時代の水着動画」拡散で“バスト急成長の謎”論争が勃発!
4
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃