芸能

彼こそ元祖炎上芸人!?三中元克「殺害予告までされた」キムタクへの狼藉とは

 炎上芸人──。いつしか、売れる手段のひとつとして用いられるようになった。ひと昔前ではドランクドラゴン・鈴木拓、最近ではウーマンラッシュアワー・村本大輔らがツイッターで半ば意図的に世の中を騒がせるような意見などを発信し、炎上させている。しかし、芸人がらみの炎上で言えば、意図的でないが、生放送中で見せた大失態で日本中から非難の的になった「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)に出ていた三ちゃんこと三中元克こそ、元祖炎上芸人だろう。

 2010年、オーディションを突破してメンバー入り。ナイナイ岡村隆史が大好きな「デブで不器用な素人芸人」のキャラで出演していた。そんな彼が14年の「武器はテレビ。SMAP×FNS27時間テレビ」(フジ系)で、SMAP時代の木村拓哉を傷つけ、大炎上した。

「テレビ局にクレームが殺到して“殺害予告”まで出たといいます」(テレビ番組制作会社スタッフ)

 問題となったのは番組初日。ゴールデンタイムの「ドキッ!めちゃイケvsSMAP 男だらけの水泳大会」でのことだ。番組レギュラー陣とSMAPの両チームが水泳、ビーチフラッグ、水上綱引きなどで競う中、三中は木村と水上相撲で対決。三中は、事前にスタッフから「本気で行け!」とハッパをかけられ、猛攻。木村の水着を破り、最終的には左脇腹を赤く腫れあがらせ、左ももに20cmほどのひっかき傷まで残してしまったのだ。

「当然、三ちゃんは土下座で謝罪。木村くんは、勝ちにこだわった三ちゃんの大健闘を称えて、笑顔で握手。男同士の抱擁をかわして、株を上げました。しかし、三ちゃんへの批判はその後数日にわたって収まることなく、後日改めてスタッフ数名とともに木村くんの元を訪ねて、謝罪しています」(芸能ジャーナリスト)

 そんな三中は、年月を重ねるにつれ、素行不良が目立ち、視聴者投票で16年に降板させられる。現在は、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属する漫才コンビ・dボタンとして奮闘中だが、レギュラーを務めためちゃイケ終了の連絡はなかったという。一方のキムタクは、SMAP分裂騒動の渦中で裏切り者扱いされ、すっかり株を下げた。ここは一から出直す意味で、もう一度2人で水上相撲の真剣勝負をしてみては!?

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
2
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
3
「Hバスト」清水あいり、「“あそこ”は英語で?」クイズへの反応とヤバイ回答!
4
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
5
矢田亜希子の“アンダーウエア”透けてる!?バストのボリュームアップが原因か