芸能

彼こそ元祖炎上芸人!?三中元克「殺害予告までされた」キムタクへの狼藉とは

 炎上芸人──。いつしか、売れる手段のひとつとして用いられるようになった。ひと昔前ではドランクドラゴン・鈴木拓、最近ではウーマンラッシュアワー・村本大輔らがツイッターで半ば意図的に世の中を騒がせるような意見などを発信し、炎上させている。しかし、芸人がらみの炎上で言えば、意図的でないが、生放送中で見せた大失態で日本中から非難の的になった「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)に出ていた三ちゃんこと三中元克こそ、元祖炎上芸人だろう。

 2010年、オーディションを突破してメンバー入り。ナイナイ岡村隆史が大好きな「デブで不器用な素人芸人」のキャラで出演していた。そんな彼が14年の「武器はテレビ。SMAP×FNS27時間テレビ」(フジ系)で、SMAP時代の木村拓哉を傷つけ、大炎上した。

「テレビ局にクレームが殺到して“殺害予告”まで出たといいます」(テレビ番組制作会社スタッフ)

 問題となったのは番組初日。ゴールデンタイムの「ドキッ!めちゃイケvsSMAP 男だらけの水泳大会」でのことだ。番組レギュラー陣とSMAPの両チームが水泳、ビーチフラッグ、水上綱引きなどで競う中、三中は木村と水上相撲で対決。三中は、事前にスタッフから「本気で行け!」とハッパをかけられ、猛攻。木村の水着を破り、最終的には左脇腹を赤く腫れあがらせ、左ももに20cmほどのひっかき傷まで残してしまったのだ。

「当然、三ちゃんは土下座で謝罪。木村くんは、勝ちにこだわった三ちゃんの大健闘を称えて、笑顔で握手。男同士の抱擁をかわして、株を上げました。しかし、三ちゃんへの批判はその後数日にわたって収まることなく、後日改めてスタッフ数名とともに木村くんの元を訪ねて、謝罪しています」(芸能ジャーナリスト)

 そんな三中は、年月を重ねるにつれ、素行不良が目立ち、視聴者投票で16年に降板させられる。現在は、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属する漫才コンビ・dボタンとして奮闘中だが、レギュラーを務めためちゃイケ終了の連絡はなかったという。一方のキムタクは、SMAP分裂騒動の渦中で裏切り者扱いされ、すっかり株を下げた。ここは一から出直す意味で、もう一度2人で水上相撲の真剣勝負をしてみては!?

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
2
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
3
新垣結衣、大河ドラマ“初出演”に飛び交う「アノ穴はどうする?」の憶測
4
加藤綾子が“入れられる直前”ベッド姿を公開!すっぴん不安顔にファン騒然
5
千原ジュニア・杉本哲太は和解してない?「タクシー乗り継ぎ旅」に浮上した謎