芸能

ダレノガレ明美、品川祐を巻き込んでの“炎上使い”ぶりが「女王」レベル!

 1月18日の公式ツイッターが、またまた一気に炎上してしまったのがダレノガレ明美。芸風とはいえ、一部のネット民たちに「無意識な上から目線」「無神経なドヤ顔ぶり」に映るコメントを連発して強く刺激し、「負の感情」が充満するコメントがバッコする事態となったのだ。

「ダレノガレは自身が立ち上げたアパレルブランド『CAROME.』の商品写真撮影に活用したいとして、カメラを購入。《一眼買ったぜ 使い方わからないから店員さんにいろいろ教えてもらった ありがたい…》とつぶやいた。で、同時におニューの高級デジタル一眼レフカメラ『キャノンEOS 5D Mark IV』と純正レンズ、ストロボを装着した状態の写真をアップし、《CAROME.でこれから沢山使うからはやく頑張って慣れます》と意欲的な調子でコメントしたんです。するとたちまち《MarkIVにLレンズ…使い方も分からない人がいきなり買うカメラじゃないって。 売る方も売る方だけどね~。 ものには順序って物がある。って思った人沢山いるはず》《「猫に小判」だな!》といった辛辣コメントが殺到したわけです」(ネットライター)

 炎上ぶりに驚いたダレノガレだが、ここでシュンとならないところが彼女の真骨頂。こう挑発する。《「一眼買いました」からの炎上とか最強かよ私。だからまた載せちゃう!炎上した一眼》。そして、再度この高級機の写真をアップしたのだ。これに食いついたのが、お笑いコンビ・品川庄司の品川祐。品川は、〈いいカメラ買いすぎて炎上。俺もあったよ。毎日のようにプロのカメラマンに会うんだから、あっという間に上手くなるんだろうなぁ〉と羨望まじりのコメントをつぶやいた。ダレノガレはようやく〈あ!だから炎上したんですか?理由があまりわからなかったです!今度2人で炎上したカメラ一緒に載せましょう。明日、撮影なのでカメラマンさんに教えてもらいます〉と反応した。

「ダレノガレの気の強さがわかるのが、ネット民からの《調べたらレンズも10万しないし、全部で40万くらいだな》と値踏み診断の一声への反応です。《はずれ!もっとしました!!ほしい方の為に訂正しました!》とツイートしていました。ただ、そのうちダレノガレへの辛辣コメントが殺到したことへの反動か、《一所懸命に頑張って働いて欲しいものを買って喜んでる。ただそれだけなのに何で…一緒に喜んであげられないのかな?》など、同情の声が次々飛び込むなど、ムードが一変してしまった」(芸能ライター)

 何をしても炎上騒ぎ。そして炎上したとみるや、あおり、異論反論を出し切らせるかのようにして、アクセス数を稼ぐダレノガレは、やはり、なかなかどうして商売上手。もはや「炎上使いの女王」と言っていいかもしれない。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!