芸能

有吉弘行、めっきり酒の弱くなった“恩人”上島竜兵に万感の思い!

 お笑い芸人の有吉弘行が、先輩芸人のダチョウ倶楽部・上島竜兵の「困ったちゃん」ぶりに、手を焼いていた。それは1月20日、上島の57歳の誕生日のことだった。ちょうどこの日の有吉は、自身の故郷でもある広島で上島とロケをする仕事があり、終了後の打ち上げに一緒に参加した。

「なのに夜7時から始まった飲み会で、1時間ほど経った頃、上島は焼酎2杯とウィスキーの水割りを飲んだところでロレツが回らなくなり、『もう酔っちゃってダメだ』『帰ろうかな』を連発し始めたんです」(芸能ライター)

 驚いたのは有吉。というのも、サプライズで上島の誕生日祝いを用意していたからだ。

「帰りたがる上島をなだめすかし、急いでバースデーケーキを登場させて電気を消灯。大慌てのスタッフがケーキを運び込むと全員でハッピーバースデーの歌を合唱したんですが、当の上島は、すでにベロンベロンにできあがっていて、まるで状況を認識できず、有吉がかわりにローソクの火を消した。ここでようやく気づいた上島は『やめろ!』と絶叫しながらも、サプライズの心づくしに嬉々としていたそうです」(前出・芸能ライター)

 1月21日放送のラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN系)で、有吉が明かしたものだが、それにしても上島といえば、酒豪で知られていたはずだが…。

「30年以上前から、ダチョウの上島と肥後克広を中心に、有吉、土田晃之、デンジャラス、劇団ひとり、カンニング竹山ら上島を慕う後輩芸人たちと“竜兵会”を組織し、週に3回は行きつけの居酒屋に集まってはオダをあげていました。上島は芋焼酎や日本酒が大好きで、朝まで飲んでいたそうです。酔っぱらうと赤ちゃん言葉で話し出し、やたら泣き上戸になるものの、楽しい酒だったそうですね。それが、なじみの店が閉店したり、メンバーが売れっ子になって次第に集まることも減って竜兵会は消滅。上島と有吉が一緒に飲む機会も激減し、この時も久々の飲み会だったそうです。猿岩石で大ブレイク後、長い不遇時代も、竜兵会では変わらずに接してくれた上島には、有吉も感謝の気持ちはひとしおだったと思いますよ」(前出・芸能ライター)

 そんな上島が、ここまで酒が弱くなったことを全然知らなかった有吉は、わが目を疑ったそうで「SUNDAY NIGHT DREAMER」でも、「あんな早いかね?」とボヤいていた。まあ、上島もアラ還。元気に痛飲していたのは、30年も昔の話だから、今後、上島に飲み会でサプライズする際は慎重にやったほうがよさそうだ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
4
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
5
酒好き美女7人の「酔い乱れ」現場(1)説教モードに入る新垣結衣