芸能

有吉弘行、めっきり酒の弱くなった“恩人”上島竜兵に万感の思い!

 お笑い芸人の有吉弘行が、先輩芸人のダチョウ倶楽部・上島竜兵の「困ったちゃん」ぶりに、手を焼いていた。それは1月20日、上島の57歳の誕生日のことだった。ちょうどこの日の有吉は、自身の故郷でもある広島で上島とロケをする仕事があり、終了後の打ち上げに一緒に参加した。

「なのに夜7時から始まった飲み会で、1時間ほど経った頃、上島は焼酎2杯とウィスキーの水割りを飲んだところでロレツが回らなくなり、『もう酔っちゃってダメだ』『帰ろうかな』を連発し始めたんです」(芸能ライター)

 驚いたのは有吉。というのも、サプライズで上島の誕生日祝いを用意していたからだ。

「帰りたがる上島をなだめすかし、急いでバースデーケーキを登場させて電気を消灯。大慌てのスタッフがケーキを運び込むと全員でハッピーバースデーの歌を合唱したんですが、当の上島は、すでにベロンベロンにできあがっていて、まるで状況を認識できず、有吉がかわりにローソクの火を消した。ここでようやく気づいた上島は『やめろ!』と絶叫しながらも、サプライズの心づくしに嬉々としていたそうです」(前出・芸能ライター)

 1月21日放送のラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN系)で、有吉が明かしたものだが、それにしても上島といえば、酒豪で知られていたはずだが…。

「30年以上前から、ダチョウの上島と肥後克広を中心に、有吉、土田晃之、デンジャラス、劇団ひとり、カンニング竹山ら上島を慕う後輩芸人たちと“竜兵会”を組織し、週に3回は行きつけの居酒屋に集まってはオダをあげていました。上島は芋焼酎や日本酒が大好きで、朝まで飲んでいたそうです。酔っぱらうと赤ちゃん言葉で話し出し、やたら泣き上戸になるものの、楽しい酒だったそうですね。それが、なじみの店が閉店したり、メンバーが売れっ子になって次第に集まることも減って竜兵会は消滅。上島と有吉が一緒に飲む機会も激減し、この時も久々の飲み会だったそうです。猿岩石で大ブレイク後、長い不遇時代も、竜兵会では変わらずに接してくれた上島には、有吉も感謝の気持ちはひとしおだったと思いますよ」(前出・芸能ライター)

 そんな上島が、ここまで酒が弱くなったことを全然知らなかった有吉は、わが目を疑ったそうで「SUNDAY NIGHT DREAMER」でも、「あんな早いかね?」とボヤいていた。まあ、上島もアラ還。元気に痛飲していたのは、30年も昔の話だから、今後、上島に飲み会でサプライズする際は慎重にやったほうがよさそうだ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
2
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
3
テレ東・田中瞳、「WBS」生放送中に映りこんじゃった!?スカートの奥の奥
4
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
5
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!