芸能

斉藤由貴VS大竹しのぶ「時ならぬ天然バトル」で結局“勝利”したのは?

 これぞ「天然バトル」といったところか。2月8日に東京都内で行われた「第60回ブルーリボン賞」授賞式でかねてより「天然タイプ」と言われている大竹しのぶと斉藤由貴による“時ならぬバトル”が繰り広げられた。

 昨年公開の映画「三度目の殺人」で助演女優賞を受賞した斉藤は、「今日は何人かお客さんを呼べるということで、母に来てもらっています。お母さん、ごめんね。ありがとう」と涙をにじませながら挨拶。昨年8月に発覚した妻子ある50代医師とのダブル不貞騒動で、家族に迷惑をかけたことに対する「ごめんね」であり、それを支えてくれたことに対する「ありがとう」のように聞こえる挨拶だった。

 斉藤のシリアスな口ぶりに、場内はしんみりした空気が漂ったのだが、前年度受賞者でこの日、松山ケンイチとともに司会を務めた大竹から「去年はいろいろと大変だったけど…」と声をかけられた斉藤は「そこでいいです!」とあわてて大竹を制止すると同時に場内にはざわめきが。斉藤がその空気を仕切り直すかのように「今日は大竹さんと会えて嬉しいです」と話し始めると、大竹が即座に「私もいろいろあったんで~」と返答。斉藤はふたたび「そういうことじゃない!」と声を荒げて大竹を制止すると、場内は笑いに包まれたのだ。

「これは大竹のほうが斉藤よりも一枚上手でしたね。2人とも演技力の高さと天然ボケぶりには定評のある女優ですが、その両方のチカラを上手に使いこなしていたのは大竹でした。『私もいろいろあったんで~』などと切り返せる機転は、大竹ならではでしょう。斉藤にしてみれば、本当に女優として大竹を尊敬していた気持ちがあって、『大竹さんに会えて嬉しい』と言ったんでしょう。ところが、大竹の切り返しの言葉には、斉藤の言葉の裏にある、本人も気づいていない“私生活でもいろいろ波瀾万丈であってこそ女優”というような無意識の気持ちまでを自然に見抜き、発したような感じまでしたんですよ」(現場にいたカメラマン)

 どうやら「天然バトル」は大竹に軍配が上がったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話
5
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点