芸能

二階堂ふみ、映画「リバーズ・エッジ」PRで“棒演技過去”を巧妙に弁解か

 2月16日公開の、二階堂ふみ主演映画「リバーズ・エッジ」。原作は96年に不慮の事故に遭い、漫画制作活動を休止している岡崎京子の同名漫画。93年から94年にかけて女性ファッション誌「CUTiE」(宝島社)で連載されたのだが、それまで少女漫画ではあまり描かれることがなかった暴力や性、死生観などがリアルに描かれていて、岡崎作品の中で“最高傑作”との呼び声も高い。

 2月6日放送「トーキングフルーツ」(フジテレビ系)にゲスト出演した二階堂はこの映画をPRしたのだが、何やら言い訳じみた発言があったと指摘されているという。映画誌ライターが言う。

「昨年4月期に放送されたドラマ『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系)で演じたヒロイン・津軽継実の“棒演技”を言い訳しているかのようにも受け取れる発言に驚きました。番組では司会の古舘伊知郎が2015年公開の映画『ヒミズ』に出演する二階堂を見て『わざと平板に(セリフを)言っている気がしたの。すごく自然だからドキュメンタリーを見ているような感覚だった』と感想を述べると、二階堂は『私はすごくお芝居がヘタなんですよ』と即答。さらに映画『リバーズ・エッジ』の撮影前後で女優としての心境が変化し『芝居上手と言われたいと思うことをやめた』と明かしたのです。実はこの映画の撮影がクランクアップしたのは昨年3月。で、ドラマ『フラ恋』の撮影はその後にスタート。つまり二階堂は『フラ恋』の撮影時には芝居上手だと思われようとすることをやめていることになります。ドラマ放送当時の二階堂は『棒演技すぎる』と酷評されていましたが“それは心境の変化のせいだから、わかってやっていたんですよ”と、新作映画のPRにかこつけて過去に棒演技批判された黒歴史をロンダリングするかのように弁解しているようにも聞こえました」

“芝居上手と言われたいと思うことをやめた”という二階堂が新作映画で見せる演技への評価が、まもなくはっきりする。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
2
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
3
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
野村周平と共演NGに?市原隼人が松田翔太の結婚式でガチギレ!?