芸能

二階堂ふみ、映画「リバーズ・エッジ」PRで“棒演技過去”を巧妙に弁解か

 2月16日公開の、二階堂ふみ主演映画「リバーズ・エッジ」。原作は96年に不慮の事故に遭い、漫画制作活動を休止している岡崎京子の同名漫画。93年から94年にかけて女性ファッション誌「CUTiE」(宝島社)で連載されたのだが、それまで少女漫画ではあまり描かれることがなかった暴力や性、死生観などがリアルに描かれていて、岡崎作品の中で“最高傑作”との呼び声も高い。

 2月6日放送「トーキングフルーツ」(フジテレビ系)にゲスト出演した二階堂はこの映画をPRしたのだが、何やら言い訳じみた発言があったと指摘されているという。映画誌ライターが言う。

「昨年4月期に放送されたドラマ『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系)で演じたヒロイン・津軽継実の“棒演技”を言い訳しているかのようにも受け取れる発言に驚きました。番組では司会の古舘伊知郎が2015年公開の映画『ヒミズ』に出演する二階堂を見て『わざと平板に(セリフを)言っている気がしたの。すごく自然だからドキュメンタリーを見ているような感覚だった』と感想を述べると、二階堂は『私はすごくお芝居がヘタなんですよ』と即答。さらに映画『リバーズ・エッジ』の撮影前後で女優としての心境が変化し『芝居上手と言われたいと思うことをやめた』と明かしたのです。実はこの映画の撮影がクランクアップしたのは昨年3月。で、ドラマ『フラ恋』の撮影はその後にスタート。つまり二階堂は『フラ恋』の撮影時には芝居上手だと思われようとすることをやめていることになります。ドラマ放送当時の二階堂は『棒演技すぎる』と酷評されていましたが“それは心境の変化のせいだから、わかってやっていたんですよ”と、新作映画のPRにかこつけて過去に棒演技批判された黒歴史をロンダリングするかのように弁解しているようにも聞こえました」

“芝居上手と言われたいと思うことをやめた”という二階堂が新作映画で見せる演技への評価が、まもなくはっきりする。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鷲見玲奈アナ、テレ東退社秒読みで過激化する「生脚&爆胸見せ大サービス」!
2
芸能界イチの小顔・乃木坂46齋藤飛鳥の告白でプロ意識を称賛する声が殺到
3
美女アナ「空前の世代交代」戦略をスッパ抜く(1)TBS・江藤愛のポストに座るのは?
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
コンビ降板がかかった「バス旅Z」が成功!「運命を分けたポイント」は!?