芸能

平昌五輪で元AKBが『仮面女子』と共演?女子選手にアイドルファン興奮の理由!

 日本勢のメダルラッシュに沸く平昌五輪。スピードスケートで小平奈緒選手が日本女子として史上初の金メダルに輝くなど、女子勢の活躍も目立っている。そんな女子選手たちにアイドルファンからも盛んな声援が飛んでいるという。その理由をアイドル誌の編集者がこうひもとく。

「実はアイドルと同じ名前の選手が何人も出場しているのです。まずスピードスケートの佐藤綾乃は、昨年9月に『アップアップガールズ(仮)』を卒業した佐藤綾乃とまったくの同姓同名。そして同じくスピードスケートの神谷衣理那は、『仮面女子』のメンバーでGカップグラドルとしても活躍する神谷えりなと読みが一緒で、アイドルのほうの神谷は本名が“衣里那”なので、『王へん』があるかないかだけの違いです。さらに同競技の菊池彩花は元AKBの菊地あやか(彩香)と読みが一緒で、漢字でも一文字違いに過ぎません」

 その佐藤は元ハロプロエッグ、そして仮面女子は“最強の地下アイドル”がキャッチフレーズなので、スピードスケート女子代表にはAKB、ハロプロ、地下アイドルがそろっていることになるのである。そんな五輪の中継を楽しむアイドルファンには、画面からいきなりアイドルの名前が聞こえてきたことに驚いた人も少なくなかったようだ。さらに、女子パシュートで佐藤とチームを組む高木美帆も、女優の高木美保と読みが一緒。そのため「高木美帆が佐藤綾乃に指示」という実況が、まるで芸能人同士のやり取りに聞こえてしまうのも興味深いところだろう。

「下の名前だけに限定すると、アイドル風の選手はさらに増えます。スノーボードの鬼塚雅は『みやび』という古風な名前のため、元Berryz工房の夏焼雅を連想するファンが少なくありません。また同じくスノーボードには今井胡桃と片山來夢がおり、15年に解散したアイドリング!!!で同期だった高橋胡桃と玉川来夢を思い起こします。もっともダブル来夢については読みが“らいぶ”と“らむ”で異なりますし、しかも片山は男子選手なので、『えっ、來夢なのに男!?』と驚く向きもあるとか」(前出・アイドル誌編集者)

 そんな平昌五輪では男子選手のほうでも、羽生結弦選手が金メダルに輝いたのと同じ日に、将棋の羽生善治竜王が敗れたことも話題になった。こちらは“はにゅう”と“はぶ”だが、名前の一致が織りなす勝負にはなかなか興味深いものがあるようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    元SKE48の松村香織がガールズケイリンに潜入。女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    Sponsored
    137289

    ガールズケイリンをご存知だろうか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。男子と同じ競輪場のバンクを使うという部分では共通するものの、ガールズならではの見所もある。そのひとつが“華やかさ”。ここ数年の自転車ブームでご…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
紅白出場のAKB48で「支店メンバーは出ない」!?その2つの根拠とは
2
今回はお預け?氷川きよし、NHK紅白で“キャラ変”披露はナシ説の納得理由
3
深田恭子、加藤綾子…芸能人「いい夫婦の日」に続く年末年始婚ラッシュ予測!
4
2019年の「やらかし美女」が決定!下腹部見せの不貞女子アナが奇跡の戴冠
5
国母和宏の「保釈ガッツポーズ」にファンも「スノボが終わった」と強烈罵声