芸能

永野芽郁、NHK新朝ドラヒロイン抜擢に感じた「自分との多すぎる縁」とは?

 4月スタートのNHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」で、ヒロイン楡野鈴愛を演じる永野芽郁。小学3年生の時に東京・吉祥寺でスカウトされ、雑誌「nicola」や「seventeen」の専属モデルとして活躍する一方で子役としても活躍。18歳の若さで超難関と言われる朝ドラヒロインの座を射止めたシンデレラである。

「2009年に公開された映画『ハード・リベンジ、ミリーブラッディバトル』で子役デビュー。15年公開の映画『俺物語!!』ではヒロインに抜擢され、16年の深夜ドラマ『こえ恋』(テレビ東京系)で、初主演を飾りました。去年は初主演映画『ひるなかの流星』をはじめ、5本の映画と、話題のドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)にも出演。10代ながら演技力の高さにも定評があります」(テレビ誌記者)

 新朝ドラの「半分、青い。」は、ドラマ「ロングバケーション」(フジテレビ系)「愛していると言ってくれ」(TBS系)などで知られる人気脚本家・北川悦吏子のオリジナル脚本だ。ヒロインの鈴愛は、高校卒業後に少女漫画家を目指して上京するも挫折。その後結婚して娘を授かるものの離婚され、シングルマザーとなって帰郷するという波乱万丈の人生を送る。しかしこの役どころに、永野は自分と重なる部分もあり、オーディションを受けるにあたり、運命的なものを感じたというのだ。

「中学の頃から『七転び八起き』をモットーにしてきた永野にとって、波乱万丈な人生も『やってまった』と明るくやり過ごす鈴愛役は自分にぴったり。しかも鈴愛という名前は、初主演映画『ひるなかの流星』で演じたヒロイン与謝野すずめと、同じ名前。縁を感じたようです。そのうえ、オーディションの応募条件は、去年の“10月1日時点で18歳以上”。1999年9月24日生まれの永野にとってはギリギリのタイミング。そう言った意味でも、運命的なものを感じているようです」(前出・テレビ誌記者)

 共演者に目を移すと、鈴愛の人生を大きく変える幼馴染役に、佐藤健。弟子入りする漫画家には北川作品には欠かせない豊川悦司、母親役に松雪泰子、さらに鈴愛を温かく見守る祖父役を中村雅俊が演じるなど見どころも満載。挫折を繰り返しながらも力強く生きる鈴愛を演じる永野に、早くも熱い視線が注がれているのだ。

(窪田史郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
2
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
3
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
野村周平と共演NGに?市原隼人が松田翔太の結婚式でガチギレ!?