芸能

タモリ、“好きな司会者”調査1位で急浮上する「いいとも!復活」待望論

 オリコンによる「第10回好きな司会者ランキング」が2月23日に発表された。過去2年連続で、それぞれ、さんま、マツコ・デラックスに続く2位だったタモリが今回1位に輝き、70代になった今も高い人気を誇っていることがわかった。

「昨年『ブラタモリ』(NHK)は、第68回NHK放送文化賞を受賞。15%以上の高い視聴率を連発して、今ではNHKを代表する番組になりつつあります。そして1986年から続く音楽番組『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)も、放送回数1000回をはるかに超え、民放各局がゴールデンタイムの音楽番組を打ち切る中、今も好調ぶりを持続。82年から始まった深夜バラエティ番組『タモリ倶楽部』とともに、テレビ史に残る番組になりそうですね」(テレビ誌記者)

 そんな中、今さらながら惜しまれるのが、“お昼の顔”として君臨してきた「笑っていいとも!」(フジテレビ系)ではないか。

「82年の放送開始から、2014年の終了まで32年。8054回という放送回数は、ギネス記録を打ち立てました。マンネリ化が叫ばれ、『ひるおび!』(TBS系)、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)相手に視聴率でも苦戦を強いられ、打ち切りになりましたが、今月発表されたオリコンによる『復活してほしいテレビ番組』調査によると『笑っていいとも!』が断トツの人気を誇っています」(エンタメ誌ライター)

 思い起こせば13年、視聴率民放3位に転落したフジテレビの窮地を救うために就任した亀山社長によって「いいとも!」は打ち切りになっている。そのあたりに詳しい事情通は、当時をこう振り返る。

「亀山社長は、『いいとも!』だけでなく、『ライオンのごきげんよう』『FNNスーパーニュース』『ニュースJAPAN』、さらに昼ドラなど長寿番組を次々に終わらせたものの、視聴率の凋落傾向に歯止めをかけることができずに昨年退任。大幅な人事異動で社員のモチベーションを下げるなど、今となってはフジテレビの衰退を早める結果を招いてしまいました。ここは視聴者の期待に応えて、『いいとも!』をスペシャルで復活させるなど、花火を打ち上げることが”フジテレビ復活”への第一歩ではないでしょうか」(番組関係者)

 タモリが「好きな司会者ランキング」1位に選ばれ、「笑っていいとも!」が「復活してほしいテレビ番組」のトップに選ばれた今がタイミングのようにも思えるのだが…。

(窪田史郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!