芸能

タモリ、“好きな司会者”調査1位で急浮上する「いいとも!復活」待望論

 オリコンによる「第10回好きな司会者ランキング」が2月23日に発表された。過去2年連続で、それぞれ、さんま、マツコ・デラックスに続く2位だったタモリが今回1位に輝き、70代になった今も高い人気を誇っていることがわかった。

「昨年『ブラタモリ』(NHK)は、第68回NHK放送文化賞を受賞。15%以上の高い視聴率を連発して、今ではNHKを代表する番組になりつつあります。そして1986年から続く音楽番組『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)も、放送回数1000回をはるかに超え、民放各局がゴールデンタイムの音楽番組を打ち切る中、今も好調ぶりを持続。82年から始まった深夜バラエティ番組『タモリ倶楽部』とともに、テレビ史に残る番組になりそうですね」(テレビ誌記者)

 そんな中、今さらながら惜しまれるのが、“お昼の顔”として君臨してきた「笑っていいとも!」(フジテレビ系)ではないか。

「82年の放送開始から、2014年の終了まで32年。8054回という放送回数は、ギネス記録を打ち立てました。マンネリ化が叫ばれ、『ひるおび!』(TBS系)、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)相手に視聴率でも苦戦を強いられ、打ち切りになりましたが、今月発表されたオリコンによる『復活してほしいテレビ番組』調査によると『笑っていいとも!』が断トツの人気を誇っています」(エンタメ誌ライター)

 思い起こせば13年、視聴率民放3位に転落したフジテレビの窮地を救うために就任した亀山社長によって「いいとも!」は打ち切りになっている。そのあたりに詳しい事情通は、当時をこう振り返る。

「亀山社長は、『いいとも!』だけでなく、『ライオンのごきげんよう』『FNNスーパーニュース』『ニュースJAPAN』、さらに昼ドラなど長寿番組を次々に終わらせたものの、視聴率の凋落傾向に歯止めをかけることができずに昨年退任。大幅な人事異動で社員のモチベーションを下げるなど、今となってはフジテレビの衰退を早める結果を招いてしまいました。ここは視聴者の期待に応えて、『いいとも!』をスペシャルで復活させるなど、花火を打ち上げることが”フジテレビ復活”への第一歩ではないでしょうか」(番組関係者)

 タモリが「好きな司会者ランキング」1位に選ばれ、「笑っていいとも!」が「復活してほしいテレビ番組」のトップに選ばれた今がタイミングのようにも思えるのだが…。

(窪田史郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス