タクシードライバー

社会

50代フリーライター「タクシー運転手」副業は意外とウハウハだった!(4)「新人が横綱になれる」仕事

客から「運ちゃん」呼ばわりされて怒るドライバーもいるが、私に言わせればそんなのどうってことない。それ以上に嫌な客はゴマンといるからだ。中でも嫌なのが酔客。それも会話ができないくらい酔った客だ。吐かれると仕事にならないので、私は乗車拒否してい…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

50代フリーライター「タクシー運転手」副業は意外とウハウハだった!(3)ホテル難民に車両を貸し出し

「タクシーを転がしている」と言うと、多くの人から「道を知らないとできないでしょ?」と聞かれる。私自身、ライターをしていた時はそう思っていたが、実際に蓋を開けてみると、ドライバーに求められるのは「地図的な知識」よりも「乗客への対応能力」という…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

50代フリーライター「タクシー運転手」副業は意外とウハウハだった!(2)チップ20万円も夢じゃない

タクシー運転手には2つのタイプがいる。駅や空港・ホテル・病院など人が集まるところに車を止めて遠距離を狙う「付け待ち」と、短距離でも都心部を中心にひたすら走行する「流し」だ。実は、効率よく稼ぐには、この両方を上手にミックスさせることが肝心。出…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

50代フリーライター「タクシー運転手」副業は意外とウハウハだった!(1)入社面接で聞かれる特有な質問

不景気が長引く中、中高年の新人ドライバーに出くわす機会が増えていると感じている読者も少なくないだろう。フリーライターの後藤豊氏もその一人。副業と業界ウオッチを兼ねてタクシー業界に飛び込むこと1年余り。涙と汗で書きためた「裏乗務」日誌をここに…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

ドクターが教える“早死にする仕事”“長生きする仕事”(1)運転手は身体に悪い?

職に貴賤はないけれど、なくて七癖あって四十八癖! 仕事により「その職業特有のなりやすい病気」は付き物。日頃の業務上の慣習やルーティーンワークが知らず知らずの間にあなたの体をむしばんでいるかもしれない。早死にか? 長生きか? その職業別リスク…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

腐敗が進む「関西タクシー業界」の実状とは?(4)生活保護と給料のW収入も

この問題に詳しい元全国自動車交通組合の土井博氏が憤る。「尼崎市の不正受給者の数は兵庫県の中でも飛び抜けています。尼崎のタクシードライバーの1、2割は生活保護を受けていると見ていいでしょう」尼崎市は現在、市をあげて福祉の街づくりを掲げており、…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , |
社会

腐敗が進む「関西タクシー業界」の実状とは?(3)“タイヤ4本パンク”の報復

コトの発端はこうだ。ある日、B社の専務の耳に「田村という男がB社のドライバーに嫌がらせをしている」という情報が入った。専務は現地に赴き、田村氏に抗議した。ベテランドライバーが、その時の様子を振り返る。「田村は悪びれるそぶりも見せず、逆にその…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , |
社会

腐敗が進む「関西タクシー業界」の実状とは?(2)腹部に包丁を突きつけて…

実際に山下氏たちに恫喝されたという川田慎一氏=仮名=は、当時の状況を次のように回想する。「私は以前、乗り場での排除行為に対し、そのグループに文句を言いに行きました。でも、山下たちは一向に聞く耳を持たない。それどころか、『俺は昔からずっとここ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , |
社会

腐敗が進む「関西タクシー業界」の実状とは?(1)長距離乗り場を仕切る人物

ふだん何気なく乗る、客待ちのタクシー。そこには乗客がうかがい知れない「仁義なき縄張争い」が跋扈し、恫喝、暴力、嫌がらせ、みかじめ料徴収と、いったいどこの世界かと見まがうばかりの光景が繰り広げられているのだった。関西タクシー業界の黒い病巣を、…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , |