大隈重信

政治

歴代総理の胆力「大隈重信」(4)無類の恐妻家で外に女なし

一方、この反骨の政治家は、政治以外のエピソードも豊富だった。記録に残る最古の始球式でボールを投げたのが、じつは大隈だった。明治41(1908)年、アメリカ大リーグ選抜チームと早稲田大学野球部の親善試合でのことだった。振りかぶった大隈の投球は…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
政治

歴代総理の胆力「大隈重信」(3)76歳で総理大臣に復帰も…

中央政府で大蔵卿、第一次伊藤(博文)・第二次松方(正義)内閣で外務大臣として財政、外交への意欲と自信を見せた大隈重信だったが、いざ総理大臣としてオールラウンドのリーダーシップを問われる立場に立つと、脇の甘い性格を暴露、わずか4カ月の短命で第…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , , |
政治

歴代総理の胆力「大隈重信」(2)食客・五代友厚からの箴言

こうした短命内閣の背景は、大きく三つの要因が挙げられる。一つは、「隈板内閣」としての“二枚看板”への期待の声があったものの、両雄並び立たずで強力な推進力とはならなかった点だ。二つは、大隈は野党政治家としては、「在野の雄」との声があったように…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , , |
政治

歴代総理の胆力「大隈重信」(1)まったくの“ダメ総理”を露呈

「無邪気の国民は、政治上の思想に乏しい。指導者がこれを教育して立憲的国民をつくっていかなければ、真の立憲政治は行われない」という立憲政治に対する言葉は、大隈重信が第一次内閣から退陣して9年後の、明治40(1907)年1月、憲政本党の総理を辞…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , , |
政治

歴代総理の胆力「松方正義」(2)“子作り名手”15男7女説

しかし、財政面での功績とは裏腹に、内閣を束ねたあとの松方はドジの連続であった。政治的リーダーシップが、著しく欠けていたことによる。ために、常に政局の混乱を招いていた。松方のリーダーシップ不足は、第1次内閣を組織するときにして、不安視させられ…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
政治

歴代総理の胆力「黒田清隆」(2)酒乱で妻を殺害したと風評が…

さて、黒田の大酒飲みぶりだが、これはなんとも度を越していた。酔っ払って帰ったときの夫人のあしらいが気に食わず、ぶっ殺してしまったと風評が立ったのが明治11(1878)年3月で、結婚9年後に妻の清(せい)が亡くなったときにこのウワサが出た。開…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , , |