政治

歴代総理の胆力「大隈重信」(4)無類の恐妻家で外に女なし

 一方、この反骨の政治家は、政治以外のエピソードも豊富だった。

 記録に残る最古の始球式でボールを投げたのが、じつは大隈だった。明治41(1908)年、アメリカ大リーグ選抜チームと早稲田大学野球部の親善試合でのことだった。

 振りかぶった大隈の投球はストライクゾーンから大きく外れたボール球。「総長に恥をかかせてはいけない」と早稲田の一番打者が忖度の空振りをしてストライクに。以降、始球式での一番打者はどんな球でも敬意を表して、空振りをすることになったものだ。

 また、日本人で初めてマスクメロンを食べたのは大隈だったともっぱらだが、「これは旨い」で、皆に食べさせたいと自宅庭に種を蒔いて栽培をしたとされている。

 あるいは、演説大好き男だったことから、列車で回った初の選挙運動では、駅で止まるごとに窓を開けて一席ブツという“手法”を用い、以後の選挙運動への先鞭(せんべん)をつけている。ちなみに、明治5(1872)年9月開業の横浜-品川間の鉄道開業は、大隈が参議時代に力を入れてのそれだった。

 エピソードはまだ多くあるが、特筆すべきはマレに見る「無類の恐妻家」だったということだろう。この時代、男がそれなりの人物になれば、芸者と遊ぶ、今で言う愛人の妾を持つなど当たり前だったが、大隈はそれどころではなかったのだった。

 妻の綾子は、旗本・三枝家の出身でなかなかの女丈夫であった。結婚した頃の大隈の住まいはまだ早稲田に移る前で東京・築地にあった。のちに関西財界の大立者となる五代友厚(ごだいともあつ)らの食客がいつもゴロゴロしていたことから、「築地梁山泊」とも呼ばれていたのだった。綾子はこれら食客の面倒を見、食客に慕われる夫を「うちの番頭」と呼びつつ、一方で家計の切り盛りも巧みにこなした。要は、こうした妻に頭が上がらず、オンナ遊びどころではなく「無類の恐妻家」に化していったということのようであった。

 大正11(1922)年1月10日、83歳で死去した。生前、「人間は125歳までは生きられるようにできている」と口にしていたが、それはかなわなかった。17日の東京・日比谷公園での国民葬には、じつに20万人の国民の参列があった。最期まで「在野の雄」であった。

■大隈重信の略歴

天保9年(1838)3月11日佐賀県城下の生まれ。立憲改進党結成、東京専門学校(早稲田大学の前身)を経て、伊藤、黒田、松方内閣で外相。憲政党結成後、60歳で外相兼務の第一次大隈内閣を組織。76歳で第二次内閣組織。大正11年(1922)1月10日、83歳で死去。国民葬。

総理大臣歴:第8代1898年6月30日~1898年11月8日第17代1914年4月16日~1916年10月9日

小林吉弥(こばやし・きちや)政治評論家。昭和16年(1941)8月26日、東京都生まれ。永田町取材歴50年を通じて抜群の確度を誇る政局分析や選挙分析には定評がある。田中角栄人物研究の第一人者で、著書多数。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
3
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
4
千原ジュニア、旅番組「地元の人との会話」で“口にできない悪印象”が判明!?
5
桐谷美玲、「バスト巨大化」噂は本当だった!?“豊かすぎバストライン”に騒然