政治

歴代総理の胆力「大隈重信」(2)食客・五代友厚からの箴言

 こうした短命内閣の背景は、大きく三つの要因が挙げられる。

 一つは、「隈板内閣」としての“二枚看板”への期待の声があったものの、両雄並び立たずで強力な推進力とはならなかった点だ。

 二つは、大隈は野党政治家としては、「在野の雄」との声があったように一級の人物だったが、宰相としては脇の甘さを露呈した点だった。大隈への当時のアダ名は「ザル碁」、色々と手数は打つが“水漏れ”が目立ったということだった。

 そして、三つ目が、その性格にあった。とにかく頑固で短気、先の「ザル碁」の一方で「瞬間湯沸かし器」のアダ名もあったのだ。このことについては、演説の特徴である「‥‥であるんである」調全開で、自ら次のように豪語しているだけにハンパではない。

 いわく、

「私は、命令を聞く男ではない。頑固であるんである。これは誠に善い性質ではない。けれども、どうも七十になっても、この性質を止めることはできないのである。死に至るまで頑固剛情で生き終わるつもりであるんである」

 若き日、大隈家の食客(しょっかく)となり、後年、関西財界のリーダーとなる五代友厚(ごだいともあつ)は、大隈が総理の座に就いたあと、あえて師たる大隈に次のような短所の“克服”を要望したのだった。五代友厚はNHK朝ドラ「あさが来た」でディーン・フジオカが好演、記憶に残る読者もいるだろう。五代はかつて世話になった大隈に平伏しつつも、次のような箴言を口にした。

「人の愚説愚論に、一応の耳は傾けてみるべきである。自分より地位が下の者との意見が五十歩百歩のときは、相手をほめてその意見を採用すべきである。怒気怒声を発するのは、徳のなさを知られ、得することは一つもない。物事の決断は、あせってはいけない。一呼吸、置いてから決すべし。相手を嫌いだと突っぱねれば、相手も距離を取ってくる。ために、自分から心を開けば人は拠って来、人脈形成につながるものとなる」

 第一次内閣を4カ月で投げ出さざるを得なかった大隈だったが、その反骨精神をのちに早稲田大学となる東京専門学校の運営に注ぐことになる。しかし、学校運営は順風とはいかなかった。なにしろ、入学金、月額授業料は各1円でスタートしたものの、学生と教師も思惑どおり集まらずの経営難であった。ちなみに、当時の第一級花街だった新橋、柳橋の芸妓の1時間の花代も1円だった。

 また、政府による「此の学校を目して謀叛人養成所となし」などの“悪宣伝”に加え、スパイを学内に潜入させるなどの妨害も多々あったから、いよいよ経営難に拍車がかかったのだった。

 しかし、大隈はめげることなく、明治40(1907)年4月、早稲田大学と名を改めて総長に就任。その就任演説で、「本校に対する毀誉褒貶を、自己一身への毀誉褒貶よりも、一層、重く感じていた」と口元をぎゅっと結び、「学問の独立」への尽きぬ情熱を明らかにしたのであった。

■大隈重信の略歴

天保9年(1838)3月11日佐賀県城下の生まれ。立憲改進党結成、東京専門学校(早稲田大学の前身)を経て、伊藤、黒田、松方内閣で外相。憲政党結成後、60歳で外相兼務の第一次大隈内閣を組織。76歳で第二次内閣組織。大正11年(1922)1月10日、83歳で死去。国民葬。

総理大臣歴:第8代1898年6月30日~1898年11月8日、第17代1914年4月16日~1916年10月9日

小林吉弥(こばやし・きちや)政治評論家。昭和16年(1941)8月26日、東京都生まれ。永田町取材歴50年を通じて抜群の確度を誇る政局分析や選挙分析には定評がある。田中角栄人物研究の第一人者で、著書多数。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
2
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
3
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
4
桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)
5
木下優樹菜「恫喝DM騒動」で「数千万規模の違約金発生の可能性」証言!