池田勇人

政治

歴代総理の胆力「大平正芳」(1)エピソードが物語る実直な人間性

戦後の総理大臣で初めて在任中に死去した人物が、この大平正芳であった。その「胆力」、リーダーシップは、多くの総理大臣がそうであったようないわゆる大言壮語的なものはまったく窺えず、「歩留(ぶどま)り」を低く設定するという重心の低さが特徴であった…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
政治

歴代総理の胆力「池田勇人」(4)聖火が消えるのを待って去る

酒豪、ヘビー・スモーカーだった池田に喉の異変があり、これがやがて癌と診断され、政権の激務に耐えられないところに至ったからだった。酒もタバコも旧制高校時代からで、例えば酒は総理になった頃が“ピーク”だった。まずビールをグラス2杯、次いで郷里・…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , , |
政治

歴代総理の胆力「池田勇人」(3)とてつもない「強運」の持ち主

池田内閣が進めた「所得倍増計画」は、当初目標の10年を経ずして、昭和43(1968)年の7年目にして達成された。弾みのついた経済の高度成長は、次の佐藤(栄作)政権の中期に熟成を見、昭和48(1973)年秋の「オイル・ショック」まで続くことに…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , , |
政治

歴代総理の胆力「池田勇人」(2)吉田茂に目をつけられた「出世魚」

さて、この池田、人間的魅力で求心力を高めた「野人宰相」とも言えた。どこか憎めぬヤンチャな言動、剛直と楽天、稚気豊か、明るく開けっ広げな性格、しかし一方で繊細さと優しさが同居、これに人材が集まったのだった。政権スタート時の政策運営のブレーンに…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , , |
政治

歴代総理の胆力「池田勇人」(1)「経済のことは、この池田にお任せ下さい」

前任の岸信介が、物情騒然の中で日米新安全保障条約を成立させたのと引き替えに退陣したあと、池田勇人は自民党総裁選を制して総理大臣のイスに座った。昭和35(1960)年7月である。池田は内閣のスタートにあたってあえて「低姿勢」を強調、併せて「寛…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , |
政治

歴代総理の胆力「岸信介」(4)「陰謀家ならず“陽謀家”である」

その後の岸は後継の自民党総裁に池田勇人が選出されたあとの7月14日、首相官邸でのその祝賀会で自ら万歳三唱を唱えた瞬間、暴漢に左太腿を刺された。翌15日、池田が首班指名を受けたのを見届け、正式に内閣を総辞職したのであった。時に63歳だった。し…

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , , , |
スポーツ

山口健治の“江戸”鷹の目診断「広島記念」

後閑信一の差し脅威もパワーで池田勇人タテの脚に自信がある追い込み選手は、それほど位置にこだわらないが、時には強引な競りで存在感を示すと、後々の競走が戦いやすくなる。「広島記念」(12月6日【金】~9日【月】)に出走予定のS級S班は、長塚智広…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |